「バーチャル大阪」が2月28日より本格展開 「新市街」オープンのほか、ライブイベントも開催

この記事は約2分で読めます。

2月28日(月)より、メタバースプラットフォーム「cluster」にてプレオープン中の「バーチャル大阪」が本格展開を始めます。新たに大阪市内をモチーフにした「新市街」エリアが登場し、大阪の魅力を発信していきます。

「新市街」エリアでは、道頓堀をモチーフにした空間に、大阪城や梅田スカイビルといった大阪市内の代表的なランドマークが設置されます。今後は音楽ライブやアニメとのコラボレーションイベント、実際に買い物体験ができるバーチャル商店街のオープンも予定しています。また、多言語でガイドできるスタッフや都市連動型メタバース専門のコンシェルジュを雇用し、メタバース上での新しい働き方も提案していくとのことです。

「バーチャル大阪」は、大阪府と大阪市が提供し、KDDI、吉本興業、博報堂からなる「KDDI共同企業体」が受託、制作を行っているバーチャル空間です。「都市連動型メタバース」という触れ込みで2021年12月にプレオープンし、お笑い芸人・ミルクボーイが「M-1グランプリ2021」の敗者復活戦と決勝戦を実況するオープニングイベントを開催しました。

「バーチャル大阪」の「新市街」エリアは、「cluster」にて2月28日の14時よりオープンし、カウントダウンも実施されます。同日には同じく「cluster」にてオープン中の「バーチャル渋谷」と行き来ができるようになるほか、今後もエリアや体験の拡張は予定しているとのことです。

3月12日にはVTuberによる音楽・トークライブイベント「auじぶん銀行 Presents VIRTUAL MUSIC LIVE」が開催され、第一部には波羅ノ鬼さん、第二部には結目ユイさんと水瀬しあさんが出演します。また、3月下旬にはライブイベント「旅立つ君との超応援祭」を開催予定です。

(参考)プレスリリース

タイトルとURLをコピーしました