PSVR2とコントローラーのデザインが公開!白基調のデザイン

この記事は約3分で読めます。

ソニー・インタラクティブエンタテインメントは、PlayStation 5向けの次世代VRシステム「PlayStation VR2」(PS VR2)と操作を行う「PlayStation VR2 Senseコントローラー」の最終デザインイメージを公開しました。

コントローラーのデザインは事前に公開されていましたがプロトタイプ版の黒いデザイン。ヘッドセットと合わせて白基調かつ丸みを帯びたオーブ型のデザインが採用されています。丸みのあるデザインは、SIEによれば「プレイヤーがバーチャルリアリティの世界に入ったときに感じられる360度の視界を表現」したとのこと。

同機が動作するPlayStation 5やDualSenseワイヤレスコントローラー、PULSE 3Dワイヤレスヘッドセットとも一貫性のあるデザインで統一されています。

また、外見からはわかりませんが、重心設計などの関係で初代PlayStation VR(PSVR)で採用されたヘッドバンドでの頭部への固定方法が採用されています。初代PSVRユーザーの違和感がないよう、ヘッドセットのスコープ部分と顔の距離を調整するためのスコープ調整ボタンやステレオヘッドホン端子の位置も共通して配置しているとのことです。

ヘッドセットには振動用のモーターが新たに搭載されていますが、若干の軽量化も実現したとのこと。比較しないとわかりませんが、形状は小型化したように見えます。

今回のSIEの発表には、ヘッドセットのレンズが曇らないようにするための通気の工夫についてSIE デザインセンター シニアアートディレクターの森澤有人氏のコメントが掲載されています。

PlayStation VR2のデザインに取り組み始めた頃、まず注力したのはPS5で実現したような、換気効率の高い設計でした。VRタイトルに没入しているときにレンズが曇ってしまわないように、通風孔を設けるというエンジニアのアイディアから始まり、最終的なデザインでは、スコープの上面と前面の隙間に小さな空間を設けることで、効果的な換気を実現しています。今回のデザインに至るまでの間、数々のユーザーテストを重ね、多くのデザイン、プロトタイプを製作してきました。デザインの仕上がりには非常に満足しており、PlayStationファンの皆さまも同じように感じていただけることを願っています。皆さまに手に取っていただくのが待ち切れません。

PSVR2はこれまで、4K HDRの解像度となること、アイトラッキングが搭載されること、ケーブル1本での接続、外部カメラ不要のインサイドアウトトラッキングの採用などが発表されてきました。

発売時期と価格は未定ですが、2022年になってからのスペック発表、公式サイトのオープンと情報解禁が相次いでおり、発売が近いのかもしれません。

1作品しか発表されていない対応タイトルのさらなるラインナップも今後公開するとのこと。続報に期待したいところです。

【PSVR2】PlayStation VR2のスペックや新機能を紹介 他VRヘッドセットとも比較 | Mogura VR

【PSVR2】PlayStation VR2のスペックや新機能を紹介 他VRヘッドセットとも比較 | Mogura VR

MoguraVR

(参考)SIEプレスリリース

タイトルとURLをコピーしました