MRグラスを用いたデジタルファッション展示会が銀座で開催

この記事は約2分で読めます。

2月22日(火)から3月31日(木)にかけて、KDDIがデジタルファッション展示会「XR Fashion Exhibition」を開催します。会場は「GINZA 456 Created by KDDI」の1階展示スペースです。

展示会では、ベルエポック美容専門学校の学生から募集し、3DCG化された衣服デザインを、MRグラス「NrealLight」を通してARで見られます。3DCG化されたデザインは、様々な距離や角度から鑑賞可能です。

会場に直接行けない場合でも、ARサービス「au XR Door」を用いて、自宅から作品鑑賞することも可能です。「au XR Door」はスマートフォンから利用可能で、専用アプリのほか、Webブラウザでも鑑賞可能です。

本展示会は、KDDIのクリエイティブチーム「au VISION STUDIO」が、一般社団法人渋谷未来デザインとともに昨年11月より開始したプロジェクト「Fashion meets Technology in SHIBUYA」の第1弾です。アパレル業界の課題である、製造過程でのサンプル廃棄物問題を解決するべく、学生たちにサンプルレスなものづくりの機会を提供する展示会になるとのことです。

KDDIは「昔も今もファッションをはじめとした新たな文化の発信地である銀座に位置するGINZA 456において、今後もテクノロジーを活用したサステナブルで新しいファッション展示を進めていきます」とコメントしています。

詳細はこちら
https://www.xrdoor.xreality.au.com/top/#/detail/VirtualFashion/Belle_2022

(参考)プレスリリース

タイトルとURLをコピーしました