【VR映画ガイド第88回】アメリカの人種差別に挑む人々の声を集めて

この記事は約5分で読めます。

不平等や不正に立ち向かう黒人たちのドキュメンタリー

アメリカの人種差別に挑む声を集めたドキュメンタリーシリーズ「IN PROTEST: Grassroots Stories from the Front Lines」。今回はその中から「INPROTEST:Los Angeles」を取り上げます。

このシリーズは、ミネアポリス、ワシントンDC、ロサンゼルス、セントポール等のアメリカの都市で、不平等や不正に立ち向かう人々の草の根的な活動の最前線を紹介しています。この中でロサンゼルスを取り上げたものが「INPROTEST:Los Angeles」です。

「INPROTEST:Los Angeles」は「Generational Uprising」「Compton Cowboys」「Fight For Your Freedom」「Sole of the People」とロサンゼルスという場所をテーマに4つの話から成っています。

それぞれ取り上げているものは違うのですが、インタビューを軸にその取り組みや思いなどを紹介しています。

そもそも「IN PROTEST: Grassroots Stories from the Front Lines」は2020年にジョージ・フロイドが殺害されたことに対する抗議をどのように撮影し、アーカイブするかという課題があったそうです。

Black Lives Matter運動が広がっていく中でスポットライトが当たっていない人たちを取り上げようと、このシリーズは展開したと監督は語っています。

オススメのポイント

1. 社会的な意味

この作品はOculus社(現Meta社)がVRコンテンツによって社会に変革をもたらそうと始めた取り組み「VR for Good」に採択された作品です。VRを用い、社会に対するポジティブな変革をもたらすということを目的としている「VR for Good」の作品は、この連載でも過去に「The Key」、「Lutaw」を取り上げています。

【VR映画ガイド第6回】ヴェネツィア国際映画祭 最優秀VR賞受賞作品の実力は? | Mogura VR

【VR映画ガイド第6回】ヴェネツィア国際映画祭 最優秀VR賞受賞作品の実力は? | Mogura VR

MoguraVR

【VR映画ガイド第84回】フィリピンの子供たちの問題を描いたVR for Goodプログラム映像 | Mogura VR

【VR映画ガイド第84回】フィリピンの子供たちの問題を描いたVR for Goodプログラム映像 | Mogura VR

MoguraVR

「INPROTEST:Los Angeles」では4つの話からなり、それぞれが独立していますが、どれもが黒人が不平等や不公正に立ち向かう人々、変革をもたらそうとしている人々の、最前線の記録です。

「Generational Uprising」では1965年のワッツ暴動、1992年のロサンゼルス蜂起、2020年のBlack Lives Matter運動等を、3世代の黒人女性から話を聞き振り返ります。

「Compton Cowboys」では、ロサンゼルスの南に隣接する都市コンプトンでのアフリカ系アメリカ人に関する否定的な固定観念を払拭しようと活動するコンプトンカウボーイの取り組みが描かれています。

「Fight For Your Freedom」では、22歳の地域社会のリーダーを取り上げ、ストリートから運動を起こし、変革のために積極的に行動を起こす様子を描きます。

「Sole of the People」では14年間刑務所にいれられていた人物が、出所後に行なっている地域コミュニテイとの活動を取り上げています。

これらの人々の声を共有することが目的であるとプロデューサーがインタビューで語っていました。記録を残し、共有し続けていくことは社会的にとても意味のあることだと思います。

2. 実験的なカメラアングル

4つの話の中では「Compton Cowboys」が1番顕著なのですが、180度の画面であったり、360度の画面であったり、空撮して地面側が正面に来たり、覗き窓のように見せる画面であったりと様々な撮影アプローチが行われています。

地面スレスレを移動していくアングルや、1つのものを別の角度から撮影したものを同一画面に配置するシーンなどもありました。

馬に乗っているシーンは酔いますし、別角度のものを同一画面に配置したシーンは没入感がなく、全てがうまくいっているとは思えません。しかし様々な表現手法を試してみようという意志を感じました。VRでの見せ方は通常のフレームのあるカメラよりできることは少ないと思われますが、まだまだ様々な表現ができることを思い知らされます。

3. VR映像の説得力

余裕がない状態での撮影だったのかもしれませんが、180度で行われている撮影箇所(特に群衆のシーン)は、360度で見たかったと思いました。ただ、それでもその緊迫感などは十分伝わってきます。

この映像の説得力はやはりVRならではだと思います。インタビューのシーンも当事者が目の前にいる感覚はとても力のあるものでした。これはFelix & Paul Studiosの「Traveling While Black」に比べると粗っぽい部分はありますが、通じるものを感じました。

【VR映画ガイド第13回】アメリカ人種差別問題はVRでどう見えるか? | Mogura VR

【VR映画ガイド第13回】アメリカ人種差別問題はVRでどう見えるか? | Mogura VR

MoguraVR

作品データ

タイトル

INPROTEST:Los Angeles

ジャンル

ドキュメンタリー

監督

AdamDavis-McGee

制作年

2020年

制作国

アメリカ

本編尺

8:45

視聴が可能な場所

Oculus TV

Trailer

IN PROTEST: Los Angeles | Oculus TV
"IN PROTEST: Grassroots Stories from the Front Lines” is a 360° film series chronicling the heroic Black voices in America confronting inequality and injusti...

この連載では取り上げてほしいVR映画作品を募集しております。
自薦他薦は問いません。オススメ作品がありましたら下記問い合わせ先まで送ってください。よろしくお願いします。
VR映画ガイドお問い合わせ:k.machiba@moguravr.com

タイトルとURLをコピーしました