世界100都市をメタバース化する「パラリアルワールドプロジェクト」始動

この記事は約2分で読めます。

株式会社HIKKYが、世界100都市をメタバース化するプロジェクト「パラリアルワールドプロジェクト」を発表しました。今後5年間にわたって、誰もが自由に解釈し、自由に利用できる“パラリアル”都市を構築していく計画です。

「パラリアルワールドプロジェクト」は、実在する都市のメタバース化やパラリアル化を通じて、人々の創造力がより発揮される社会を目指す試み。同プロジェクトに取り組む株式会社HIKKYは2021年、渋谷と秋葉原を“メタバース化”しました。今年2022年には、大阪やニューヨークを再現することが構想されています。

発表によれば、“パラリアル”とは、「パラレルワールド(並行世界)」+「リアル(現実世界)」を合わせた造語。リアルとメタバースに並行して存在することを指すとのこと。

公開された都市は「オープンメタバース」の場として提供されます。パラリアル都市にメタバース店舗を設けることが可能。広告の設置や大型イベントの実施にも対応するそうです。観光や旅行目的での使用も想定されています。

株式会社HIKKYによれば、将来的にはメタバース空間での行政続き対応を構想しているとのこと。同社は、教育の地方格差やパンデミック時に失われる教育機会の補填のため、教育機関へのアクセスを設けることも提唱しています。

株式会社HIKKYは、VRSNS「VRChat」で開催されるイベント「バーチャルマーケット」を主催していることで知られています。2021年12月に開催された「バーチャルマーケット2021」には、約80社の企業と600の一般サークルが出展しました。

「バーチャルマーケット2021」で食べ飲み遊んで気づいたこと リアルと繋がる新たな挑戦 | Mogura VR

「バーチャルマーケット2021」で食べ飲み遊んで気づいたこと リアルと繋がる新たな挑戦 | Mogura VR

MoguraVR

HIKKYがメディア・ドゥから5億円を追加調達。シリーズAラウンドを総額70億円で完了 | Mogura VR

HIKKYがメディア・ドゥから5億円を追加調達。シリーズAラウンドを総額70億円で完了 | Mogura VR

MoguraVR

メタバース構築目指せ HIKKY、65億円調達の舞台裏 | Mogura VR

メタバース構築目指せ HIKKY、65億円調達の舞台裏 | Mogura VR

MoguraVR

(参考)プレスリリース

タイトルとURLをコピーしました