2021-12

未分類

【ポケモンGO】2022年「お正月イベント」が開催中!  花火の演出が見られる!

スマートフォン向けARゲーム「ポケモンGO」で、2022年の「お正月イベント」が開催されています。 2022年の「お正月イベント」の開催期間は、12月31日(金)午後22:00から2022年1月4日(火)午後20:00まで。新年を祝して、イベント中に出現するポケモンに注目したタイムチャレンジに挑戦できるとのこと。詳細は以下の通りです。 ・タマゴをかえした際に獲得できる「ほしのすな」が2倍。 ・タマゴをかえした際に獲得できる「ポケモンのアメ」が2倍。 ・タマゴがかえる距離が2分の1に。 ・コスチュームを身にまとったポケモンが登場:「フシギダネ(パーティーハット)」「ヒトカゲ(パーティーハット)」「ゼニガメ(パーティーハット)」「ラッタ(パーティーハット)」「ニドリーノ(パーティーハット)」「ピチュー(新年を祝う帽子)」 「ピカチュウ(新年を祝う帽子)」「ライチュウ(新年を祝う帽子)」「ヤドン(2020メガネ)」「ヤドラン(2021メガネ)」「ヤドキング(2022メガネ)」「ゲンガー(パーティーハット)」「ホーホー(新年を祝う帽子)」「ケムッソ(パーティーハット)」「ソーナンス..
未分類

【ドラクエウォーク】元旦から「ゴールドパス」が割引販売 31日はスマートウォークの最新回が公開

スマートフォン向けARゲーム「ドラゴンクエストウォーク(ドラクエウォーク、DQW)」の公式サイトで、ゴールドパスの割引販売の実施が予告されています。 今回、割引販売が行われるのは「ゴールドパス 4枚セット」。期間は2022年1月1日(土)午前0:00から2022年1月28日(金)午後23:59まで。公式サイトでは、全員が1回は購入可能とされています。 なお、本日12月31日(金)の午後19:00からは情報番組「スマートウォーク」の最新回が公開予定。新装備やイベントの情報が告知されるとのことです。 (参考)ドラゴンクエストウォーク 公式サイト © 2019,2020 ARMOR PROJECT/BIRD STUDIO/SQUARE ENIX All Rights Reserved.
未分類

バーチャルクリエイターのコメントが集合 2021年の振り返りと2022年の目標まとめ

2021年のMoguLiveの締めくくりとなる企画は、バーチャルクリエイターからの特別コメント記事です。「Q1:2021年のご自身の活動を振り返って、印象的だった出来事など」と「Q2:2022年にやってみたいこと、抱負、読者へのメッセージ」の2つの質問に回答していただきました。 AMOKA:あいぽ Q1 2021年のご自身の活動を振り返って、印象的だった出来事など とにかく外へ飛び出す機会に恵まれた1年でした。 4月にホロライブのAZKiちゃんの7th Liveのオープニングアクトに出演させていただき、8月にはVRChat外への発信の意味合いもかなり意識した「VRMF」という大型のイベントを企画、そして12月サンリオバーチャルフェスへの出演。1年前は考えられないことばかりで、本当に楽しくワクワクするような時間でいっぱいでした。 もともとVRChatからスタートした私たちは、この世界(ホーム)をいつも大切にしていて、ここで活動をしていることを知ってほしいなと常々思っています。その反面それだけでは限度があり、知ってもらうためには自分たちも外へ飛び出すことの大切さも、すごく感じていま..
未分類

「この動画がすごい!」2021年VTuberおすすめ動画を振り返り!

毎週MoguLiveにて掲載しているシリーズ「この動画がすごい! 今週のおすすめVTuber動画」。2021年も数多くの傑作動画・配信がアップされました。 今回はその中から特に印象的だった動画・配信を、関連動画と一緒に独断と偏見でチョイス。企画系動画・配信から2021年のVTuber界を振り返っていきます(音楽動画は今回対象外としています)。 東雲めぐ流のやさしい大切なお知らせ https://www.youtube.com/watch?v=dvv-QusjNQk 東雲めぐがフリーとして活動を開始することになり、それを「大切なお知らせ」として発表したのがこの動画。今年はVTuberが一気に普及しておよそ3年目ということで、新しくデビューした人、引退する人、と入れ替わりが激しい年でした。そのため「大切なお知らせ」という文字列に対して、休止や引退などのナイーブな恐怖を抱く人が増えている実情があります。 そこを完璧なまでに明るく、楽しく、フリー化とはハッピーなものだと印象づけるこの動画とサムネイル。東雲めぐならではの、ファンへの思いやりに満ちた、この上ない幸福な動画になっていました..
未分類

2021年遊んで良かったVRゲームと言えば? MoguLive編集部おすすめタイトルをピックアップ

2021年も数多くのVRゲームが発表。「バイオハザード7」VR版のようなビッグタイトルから「Puzzling Places」のような多くの人を夢中にさせた作品まで、さまざまなものが話題となりました。また昨年発表された作品のなかにも大型アップデートで実施され、より楽しくなったタイトルもあります。 今回は普段からVRゲームを遊んでいるMoguLive編集部のメンバーが「今年遊んで良かったVRゲーム」をピックアップ。おすすめコメントとともに紹介します。 「Gorilla Tag」 「VRゴリラ鬼ごっこ」という謎のワードとともに突如登場したインディゲーム。ユニークユーザー数は150万人を突破しており、バーチャル世界はゴリラで満ちています。地面を前のめりにひっかきながら前進して、他のユーザーとの追いかけっ子を楽しめます。 推薦者:すんくぼ(久保田 瞬)コメント 2021年を代表する爆発的なヒットとなりましたが、その人気には開発者自身が驚くくらい。最初のスタートは静かなものでした。前傾姿勢で腕を動かして他のプレイヤーたちと地を駆け回っていると自然と気分はゴリラそのものに。おもわず無心にな..
未分類

【XR Kaigi 2021】他のサービスとどこが違う?国産メタバース「めちゃバース」が目指すもの

国内最大級のVR/AR/MRカンファレンス「XR Kaigi」が今年も開催されました。今年の「XR Kaigi 2021」はオンラインカンファレンス「XR Kaigi Online」(11月15日~17日)と、リアル会場での展示・体験会「XR Matsuri」(11月25日・26日)のハイブリッドで実施。XR Kaigi Onlineでは、3日間の期間中に50以上のセッションが行われました。 今回はその中から、11月16日に行われたハシラスのセッション「XR Kaigiのバーチャル会場に採用、「めちゃバース」が目指すもの ~ 群衆のにぎわいがもたらす新たな価値~」をレポートします。登壇者はハシラスの代表取締役社長、安藤晃弘氏。 セッションでは今回のXR Kaigi Onlineのバーチャル会場に採用されたメタバース技術「めちゃバース」の紹介のほか、めちゃバース開発で得られたVRプラットホームの知見などが語られました。 エンタメVRとビジネスVR、2軸戦略のハシラス ハシラスはVR開発全般を手がける制作会社。サンシャイン60展望台 SKYCIRCUSの「TOKYO弾丸フライト」やB..
未分類

【XR Kaigi 2021】場所を活用したARコンテンツの制作をサポートする「CFA」とは?

国内最大級のVR/AR/MRカンファレンス「XR Kaigi」が今年も開催されました。今年の「XR Kaigi 2021」はオンラインカンファレンス「XR Kaigi Online」(11月15日~17日)と、リアル会場での展示・体験会「XR Matsuri」(11月25日・26日)のハイブリッドで実施。XR Kaigi Onlineでは、3日間の期間中に50以上のセッションが行われました。 今回はその中から、11月16日に行われたアップフロンティアのセッション「『CFA』で実現するロケーションベースARの現在と未来」をレポートします。登壇者はアップフロンティア 代表取締役社長の横山隆之氏、同社システム開発部チーフの名倉丈治氏の2氏。セッションでは、同社のARコンテンツ開発ツール「CFA」(シーファ)の紹介と、CFAを使ってのコンテンツ開発手順が解説されました。 スマートフォンアプリからXRアプリまで幅広く開発するアップフロンティア 最初に登壇したのはアップフロンティアの代表取締役社長である横山氏。まずは自社紹介からセッションが始まりました。 アップフロンティアはスマートフォンア..
未分類

Steam、2021年「VR年間ベスト」を公開! 今年の新作も複数ランクイン

PCゲーム配信プラットフォーム「Steam」で、「2021年の年間ベスト」ゲームタイトルが公開されています。 そのなかの「VR年間ベスト」は、総収益に基づいた年間トップのVR専用ゲームがラインアップされています。本記事では2021年に発売されたタイトルをピックアップ。紹介していきます。 「VR年間ベスト」は、VRゲームが「プラチナ」「ゴールド」「シルバー」「ブロンズ」のランク別に紹介されています。詳細な順位などは公開されていません。 After the Fall(アフター・ザ・フォール)(ゴールド) 「アリゾナ・サンシャイン」で知られる、Vertigo Gamesの新作VRFPS。現代文明が崩壊し、氷と雪に覆われたアメリカ・ロサンゼルスを舞台に、「スノーブリード」と呼ばれる異形の存在との死闘を繰り広げます。Oculus Quest版も発売中。PlayStation VR版のリリースも決定しています。 VRゲーム「After the Fall」の収益が発売24時間で約1億6,000万円を突破! 過去作を大きく上回る勢い | Mogura VR MoguraVR ..
未分類

世界中からメタバース関連の話題をお届け メタバース通信 vol.19

AR/VR業界のみならず、さまざまな業界を巻き込んで話題の「メタバース(metaverse)」。「メタバース通信」では、メタバースに関する世界中の最新情報をキャッチアップ。人々の新たなコミュニケーションや経済の場になるであろうメタバースを形作る、さまざまな情報をコンパクトにまとめてお伝えします。 目次(vol.19) 1. メタバース需要?ネットワーク機器メーカーの株価が好調 2. ブロックチェーンゲーム「Hero Arena」、限定NFTコレクションをリリース 3. アート系VR空間サービス「SPACE」が700万ドルの資金調達 4. ブロックチェーンゲーム「Planet Mojo」が500万ドルの資金調達 5. 現実の都市をベースにした「メタバース・ドバイ」で仮想不動産が販売中 メタバース需要?ネットワーク機器メーカーの株価が好調 (画像元:シスコ公式サイト(日本)) 米金融メディアのInvestor’s Business Dailyは12月23日、「Cloud Computing Shift To The Metaverse Makes These Tech Stocks..
未分類

2021年のVTuber文化はどうだった? ニュース記事から振り返り

2021年も非常に多くのVTuber関連のニュースがありました。MoguLive編集部では今年の記事の中から話題になったものや強い印象を与えた記事をピックアップ。記事の内容を紹介しつつ、1年を振り返ります。 ブラジルでVTuber雲母ミミが注目の的に 1月、VTuber雲母ミミ(きららみみ)さんがブラジルの視聴者たちの間で話題となり、9日間ほどでYouTubeチャンネル登録者数が約7万人以上増加するという異例の出来事が起きました。ブラジルの人気YoutuberであるGoularuteさんがVTuberに関する紹介動画を発表して以降、にわかに注目度が高まったそうです。MoguLiveでは雲母ミミさん本人にインタビューを実施しています。 【なぜ?】ブラジルで1人のVTuberが注目の的に 理由を本人に聞いてみた | Mogura VR MoguraVR 個人VTuberが100万登録 ブラジルやメキシコで盛り上がるVTuberブームを紹介 | Mogura VR MoguraVR 名取さな 川崎にあらわる! リアルなお出かけ動画が話題に 3月、リアル..
未分類

【XR Kaigi 2021】VRアプリをどう作る?UnityでのVRアプリ制作手法 2021年最新版

国内最大級のVR/AR/MRカンファレンス「XR Kaigi」が今年も開催されました。今年の「XR Kaigi 2021」はオンラインカンファレンス「XR Kaigi Online」(11月15日~17日)と、リアル会場での展示・体験会「XR Matsuri」(11月25日・26日)のハイブリッドで実施。XR Kaigi Onlineでは、3日間の期間中に50以上のセッションが行われました。 今回はその中から、11月17日に行われたユニティ・テクノロジーズ・ジャパンのセッション「キャッチアップ!『Unity xRアプリ開発 最新情報』 2021年 最新版」をレポートします。登壇者はユニティ・テクノロジーズ・ジャパンの高橋忍氏。セッションでは、Unityを使ったVRアプリ制作における最新の基本手法が紹介・解説されました。 VR デバイスとプラグイン セッションはまず、VRデバイスとUnityでの開発環境構築の解説から。 現在一般に使用されているVRデバイスは、大きく「スタンドアロン型」と「PC接続型」の2つに分けられます。スタンドアロン型はOculus Quest 2に代表される..
未分類

【XR Kaigi 2021】XR、メタバース、デジタルツイン……広告・マーケティングに起きる進化

国内最大級のVR/AR/MRカンファレンス「XR Kaigi」が今年も開催されました。今年の「XR Kaigi 2021」はオンラインカンファレンス「XR Kaigi Online」(11月15日~17日)と、リアル会場での展示・体験会「XR Matsuri」(11月25日・26日)のハイブリッドで実施。XR Kaigi Onlineでは、3日間の期間中に50以上のセッションが行われました。 今回はその中から、11月16日に行われたサイバーエージェントのセッション「「広告・マーケティング」を進化させるメタバース・XR技術」をレポートします。登壇者はCyberHuman Productionsの芦田直毅氏と岩崎謙汰氏。セッションでは広告・マーケティング分野におけるXRの可能性が論じられました。 「技術」と「人間」の融合を目指すCyberHuman Productions CyberHuman Productionsは「Cyber(技術)とHuman(人間)の融合で新しいクリエイティブ・作り方をつくるクリエイター集団」を謳い、主に広告やフォトグラメトリを使用した映像制作などを行う、サイ..
未分類

【VTuberデータ分析】2021年下半期・VTuber人気動画・配信ランキング

こんにちは。myrmecoleonと申します。VTuberは現在は3万人以上が活動しており、YouTubeには月に20万本近くの動画・配信が発表されています(myrmecoleon調べ)。 以前に2021年上半期の動画・配信ランキングを紹介しましたが、今回も2021年7月から12月15日までに公開された120万以上のVTuberの動画・配信から高評価回数の指標で人気の高い作品を紹介します。 【VTuberデータ分析】2021年上半期・VTuber人気動画・配信ランキング | Mogura VR MoguraVR 2021年12月15日正午時点で該当動画・配信のトップ10はそれぞれ以下です。値はYouTube Data APIより取得しています。 引き続き席巻するホロライブ 本ランキングでは2020年上半期以降毎回トップを取っているホロライブ。今回もっとも高評価を集めたのはホロライブの英語圏プロジェクト「ホロライブEnglish」のGawr GuraとCalliope Moriの「KING」カバーのデュエットです。 https://www.youtube.com/..
未分類

年末年始のお休みはVRChatで過ごそう! オススメワールド5選

はじめまして!「VRChatワールド探索部」のタカオミと申します。 私の主宰する「VRChatワールド探索部」では、週に一度、メンバーが持ち寄った「行ってみたいワールド」をみんなで巡り、VRChatに存在するクリエイティブなワールドを味わい尽くすという活動をしています。 今回は、これまで探索したワールドの中でも選りすぐりの「年末年始にオススメのワールド」をご紹介します! 短編映画の世界に入ったかのようなワールド「Cycle of Life」 海外のワールドクリエイター「Karl Kroenen」さんの作品。およそ20分ほどのストーリーギミックを見ることができるワールドです。 「ワールド」と言うと一般に、綺麗な景色であったり、ゲームが楽しめる場所を想像してしまうと思いますが、こちらのワールドは時間軸によって物語が進行していきます。キャラクターのセリフや説明文のテキストなどは無いので、英語話者じゃなくても安心。 荒廃した大地に、ロボットのような球体と鉱石が転がっています。なんだか不穏な空気を感じますね。 鉱石を拾うと物語がスタート。起動したロボットが導く先に鉱石を持っていくと..
未分類

「Quest 2は長い間、展開することになる」改めて明らかに

メタ(旧フェイスブック)が展開する一体型VRヘッドセット「Oculus Quest 2」。販売台数は明らかになっていないものの、2021年のクリスマスシーズンも好調な売れ行きのようです。 2020年10月に発売された同デバイスですが、新型が登場するとどうなってしまうのでしょうか。同社の顧問CTO、ジョン・カーマック氏は、メタが開発中の新型VRヘッドセット「Project Cambria」のリリース後も、一体型VRヘッドセットOculus Quest 2が”継続して販売される”ことを明言しました。 「Project Cambria」は、メタが開発を進めている次世代型の一体型VRヘッドセットです。2021年10月に発表されました。現時点では詳細は不明ですが、ハイエンドデバイスであることが公表されており、フェイストラッキングや新しい光学系の搭載が告知されています。詳細は2022年に明らかにされる、としています。 今回のカーマック氏の発言は、メタのVR/AR部門Reality LabsのVP、アンドリュー・ボズワース氏が、同社の公式ブログで公開した、2021年の振り返りと2022年の展望..
未分類

【XR Kaigi 2021】ARグラスを発売して1年で何が起きたのか?KDDIが語る今と未来

国内最大級のVR/AR/MRカンファレンス「XR Kaigi」が今年も開催されました。今年の「XR Kaigi 2021」はオンラインカンファレンス「XR Kaigi Online」(11月15日~17日)と、リアル会場での展示・体験会「XR Matsuri」(11月25日・26日)のハイブリッドで実施。XR Kaigi Onlineでは、3日間の期間中に50以上のセッションが行われました。 今回はその中から、11月16日に行われたKDDIのセッション「au版メタバースとコンシューマ向けスマートグラス~発売1年のふりかえりと、今後について」をレポートします。登壇者はKDDI 5G・XRサービス企画開発部の王健氏、山本尚弘氏、白石里咲氏の3氏。セッションでは同社のこの1年でのXR分野での取り組みや、今後の展望などが語られました。 KDDIのXRにおける取り組み セッションではまず王氏が登壇。KDDIのXRにおける取り組み概況を語りました。 新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の影響で通信の重要性が増した昨今、KDDIでは「ずっと、もっと、つなぐぞ。」をスローガンに5Gエリア..
未分類

アップルがメタのXR広報担当を採用か

米メディアBloombergは、アップルがメタ(旧フェイスブック)のコンシューマー向けXR(VR/AR)製品のコミュニケーションディレクターであるアンドレア・シュバート氏を雇用した、と報じました。シュバート氏本人はこの報道についてまだコメントを出しておらず、ビジネスSNSであるLinkedInの雇用状況も変更していません。 Schubert氏は、メタ(当時フェイスブック)初のコンシューマー向けVRヘッドセット「Oculus Rift」の発売に合わせて同社に入社。長年にわたり、Oculus Rift S、Oculus Go、Quest、Quest 2などのVRデバイスに関わる同社の広報を統括し、CES、Connect、F8、Sundance、GDCなどメタのXRイベントすべての広報を担当してきました。 これまでにも、独自のVR/ARデバイス開発が噂されているアップル。2021年12月には、AR/VRフレームワークエンジニアを募集しているなど長年採用情報にはVRやARに関わる様々な職種が掲載されてきました。また、ARグラス関連やVR関連と思われる新たな特許の取得や、VRヘッドセットのス..
未分類

【XR Kaigi 2021】産業から熱視線 生体センターてんこ盛りのVRヘッドセットの活用事例

国内最大級のVR/AR/MRカンファレンス「XR Kaigi」が今年も開催されました。今年の「XR Kaigi 2021」はオンラインカンファレンス「XR Kaigi Online」(11月15日~17日)と、リアル会場での展示・体験会「XR Matsuri」(11月25日・26日)のハイブリッドで実施。XR Kaigi Onlineでは、3日間の期間中に50以上のセッションが行われました。 今回はその中から、11月16日に行われた日本HPのセッション「Sensored HMDが切り開くVRの未来」をレポートします。セッション登壇者は日本HPのビジネス開発マネージャー・島﨑さくら氏。セッションでは、日本でも今冬から提供が始まる「HP Omnicept Solution」について、海外での導入実績や活用事例も含めて紹介。あわせてHPのVRに対するビジョンについても語られました。 法人需要が拡大するHP Reverb G2 (HP Reverb G2はPCに接続して利用するタイプのVRヘッドセット) 島﨑氏はまず、HPが提供するVRヘッドマウントディスプレイ(VRHMD)HP Re..
未分類

【ドラクエウォーク】「スラミチからの年賀状」キャンペーン実施中 抽選で2022名に年賀状が届く

スマートフォン向けARゲーム「ドラゴンクエストウォーク(ドラクエウォーク、DQW)」の公式Twiiterで、抽選で2022名にスラミチから年賀状が届く「スラミチからの年賀状」キャンペーンの実施が告知されています。 キャンペーンには、スクウェア・エニックス アカウント管理システムに発送先住所を登録後、「スクウェア・エニックス アプリ」から応募できます。応募受付期間は、12月31日(金)午後23:59まで。 キャンペーンへの応募を完了すると、「スクウェア・エニックス アプリ」の会員証で使用できるカードフェイスがプレゼント(2022年1月19日頃に送付予定)。「スラミチからの年賀状」は、2022年1月17日(月)頃までに、応募終了日の翌日時点で登録されている住所に送付されます。 現時点では「スラミチからの年賀状」のデザインは公表されていません。キャンペーンの詳細はこちらから確認できます。 「スクウェア・エニックス アプリ」のダウンロード iOS:https://apps.apple.com/jp/app/id1358622983 Android:https://play.google..
未分類

アリババクラウド、企業向けメタバース構築支援サービス提供へ 日本のJP GAMESと提携

アリババグループ傘下であるアリババクラウドは、ゲーム開発スタジオのJP GAMES株式会社との提携を発表しました。アリババクラウドが有するクラウド基盤技術と、JP GAMESが提供するメタバース空間構築サービス「PEGASUS WORLD KIT」を活用し、企業のメタバース構築支援サービスを提供します。 メタバースにおける新たなビジネス機会を支援 アリババクラウドは、メタバースを「3次元仮想空間」として定義しつつ、本サービスでは没入感のあるオンラインショッピングスペース、仮想空間での音楽コンサートや展示会、3Dの物件見学ツアー、バーチャルフィギュアが登場する壮大なロールプレイングイベントなどの展開を想定しているとコメント。両社は「企業がメタバースでの新たなビジネス機会を得られるよう支援したい」としています。 メタバース空間構築サービス「PEGASUS WORLD KIT」 「PEGASUS WORLD KIT」は、JP GAMES株式会社、株式会社ジェーシービー(JCB)、ソラミツ株式会社の3社によるサービスです。Epic Gamesのゲームエンジン「Unreal Engine」..
未分類

「にじさんじユニット歌謡祭」開催、ホロライブ お正月衣装お披露目配信実施【VTuberデイリーニュース 12/28号】

「VTuberデイリーニュース」では、その日に起きた注目のVTuberニュースをピックアップ。読者の皆さんにVTuberの最新情報をまとめてお届けします。 「にじさんじユニット歌謡祭」開催 にじさんじの竜胆尊さんが、「にじさんじユニット歌謡祭」を12月31日(金)15:00から配信します。 総勢58名のにじさんじ所属ライバーがユニットを組んで出演予定で、2部構成となっています。2部の間には、2Dでの番組も実施されるとのこと。インタビュアーは伏見ガクさんと朝日南アカネさんが行います。 https://www.youtube.com/watch?v=J2nMpqwaPIM https://www.youtube.com/watch?v=zoynMroawZw (参考)竜胆尊 YouTubeチャンネル ホロライブ お正月衣装お披露目配信実施 ホロライブの所属メンバー6名が、お正月衣装のお披露目リレー配信を1月1日(土)13:00から行います。 お披露目配信は、ラプラス・ダークネスさん、鷹嶺ルイさん、博衣こよりさん、沙花叉クロヱさん、風真いろはさん、桃鈴ねねさんがリレー形式で..
未分類

Oculus Quest 2がクリスマスシーズンに爆売れ? VRゲーム企業の報告やアプリランキングから推測

2021年のクリスマス商戦で、メタ社のVRヘッドセットOculus Quest 2の売上が大幅に伸びたという可能性が浮上しました。VR関連企業の報告や、アプリストアのランキングからその兆候が確認されています。 12月25日、GOLF+社のCEO、Ryan Engle氏が、Quest向けのVRゴルフゲーム「GOLF+」 の売上が急激に上昇したことを報告。同氏によれば、クリスマスの日は、過去最多の日間売上本数だったとのこと。Engle氏のTwitterでは、昨年の同時期と比較したグラフも公開されています。 That Christmas spike is real!! Happy Oculus Quest 2 day! For reference yesterday was our best sales day ever and today is already 30% bigger with the better half still to come! Green line is last year’s unit sales by hour.#VR pic.twitter.com/..
未分類

【ドラクエウォーク】ドラクエウォーク年末感謝キャンペーン開催 神戸ビーフなど当たるチャンス

スマートフォン向けARゲーム「ドラゴンクエストウォーク(ドラクエウォーク、DQW)」の公式Twitterで、「#ドラクエウォーク年末感謝キャンペーン」が開催されています。 「#ドラクエウォーク年末感謝キャンペーン」は、現在「ドラクエウォーク」で実施されている「紅白まもの合戦プレゼントキャンペーン」にともなう企画です。開催期間は12月31日(金)23:59まで。「ドラクエウォーク」公式Twitterアカウントをフォローした状態で、下記のツイートをリツイートすることで応募できます。 キャンペーンの賞品は「兵庫県 神戸ビーフ(20名)」と「新潟県 コシヒカリ(20名)」。抽選で合計40名に当たります。キャンペーンの詳細はこちら。 #ドラクエウォーク年末感謝キャンペーン 今年一年の締めくくり。 みんなに豪華な景品を用意したよ。 お米やお肉が当たるキャンペーンに参加しよう!#DQウォーク ▼参加方法 ①@DQWalkをフォロー ②このツイートをRT ③当選結果が届くよ — ドラゴンクエストウォーク公式/ドラクエウォーク (@DQWalk) December 27, 2021 (参考..
未分類

【ポケモンGO】年末年始のイベントスケジュール スポットライトアワーに「クマシュン」登場

スマートフォン向けARゲーム「ポケモンGO」の公式Twitterで、イベントスケジュール(12月第5週~2022年1月第2週)が発表されました。 12月28日(火)の午後18:00から午後19:00までは「スポットライトアワー」です。「クマシュン」がいつもより多く出現するほか、ポケモンを捕まえた際に獲得できる「ポケモンのアメ」が2倍になります。 12月29日(水)の午後18:00から午後19:00までの期間は、レイドアワーが開催。「キュレム」がいつもより多くレイドバトルに出現します。なお、「キュレム」の登場は、2022年1月7日(金)に終了します。 12月31日(金)から1月4日(火)までは、2022年の「お正月イベント」が実施。「新年を祝う帽子」をつけたポケモンなどが登場します。詳細はこちら。 【ポケモンGO】2022年「お正月イベント」詳細発表 「新年を祝う帽子」をつけたポケモンが登場 | Mogura VR MoguraVR /#ポケモンGO 今週のスケジュール \ 今週のスポットライトアワーは「クマシュン」が登場します ぜひご参加ください。 pic.t..
未分類

【ドラクエウォーク】「年越しウォーク2021」実施中 年賀状ミッションや紅白イベントも開催

スマートフォン向けARゲーム「ドラゴンクエストウォーク(ドラクエウォーク、DQW)」で、年末キャンペーン「年越しウォーク2021」が実施されています。開催期間は、12月27日(月)から12月31日(金)午後23:59まで 年賀状ミッションがプレイ可能 期間中、フィールド上に「郵便局スポット」が出現。1日1回、スポットから「ともだち年賀状」が送れます。「ともだち年賀状ミッション」からは、2022年1月1日(土)から開催される「お正月抽選会」に使用できる「お正月抽選券」や限定家具が入手できます。 他の冒険者の家では、「いいね」を推すことで、ミニ年賀状が送れます。「毎日ミニ年賀状ミッション」をクリアすると、ジェム100個と「お正月抽選券」を入手可能です。ミニ年賀状の実施期間は、2022年1月7日(金)まで。 「ともだち年賀状ミッション」と「毎日ミニ年賀状ミッション」をすべてクリアすると、合計で1,500個のジェムが手に入ります。 煩悩スポットを巡ろう イベント期間中は、かいふくスポットが「煩悩スポット」に変化。ミッションをクリアすると、みんなとスタンプ「さすがっす!」や「きんのたまご..
未分類

にじさんじVTuber来栖夏芽が小説家デビュー!「人外教室の人間嫌い教師」発売決定

VTuberグループ「にじさんじ」所属VTuber来栖夏芽さんが小説家としてデビューすると発表されました。2022年2月25日(金)より「人外教室の人間嫌い教師 ヒトマ先生、私たちに人間を教えてくれますか……?」(著:来栖夏芽/イラスト:泉彩)が発売されます。予約開始中です。 本作イラストは、VTuberのデザイン担当としても知られる泉彩氏が担当。内容は人外ヒロインとアラサー教師による学園ヒューマンドラマになります。あらすじや特典情報は下記を確認ください。 さきほど配信で出した書籍告知動画を投稿しました!!! 重 大 発 表 https://t.co/llwBnXm8n1 pic.twitter.com/jBgw8BypP4 — 来栖夏芽にじさんじの新人作家 (@kurusu72me) December 27, 2021 【あらすじ】 「ねえ、センセ。ニンゲンは好き?」 俺は――人外だらけの学校で、人間を好きになれるのだろうか。 人間関係にトラウマを持つアラサーニート・人間零。そんな俺が、山中にある自然豊かな学校に転職をして、のんびりとリハビリ教師生活を送ろうと思ったら――..
未分類

キズナアイ 活動休止前ラストライブの出演者募集【VTuberデイリーニュース 12/27号】

「VTuberデイリーニュース」では、その日に起きた注目のVTuberニュースをピックアップ。読者の皆さんにVTuberの最新情報をまとめてお届けします。 キズナアイ 活動休止前ラストライブの出演者募集 キズナアイさんの活動休止前最後となるオンラインライブ「Kizuna AI The Last Live “hello, world 2022”」が2月26日(土)に開催。本ライブイベントの出演者が募集されています。 VTuberやバーチャル空間上で活動している方、これからバーチャル活動を行いたいと思っている方までを募集するとのこと。3Dモデル、2Dアバターそれぞれで募集が行われるほか、バーチャルライブ配信アプリ「REALITY」にてREALITYアバターでライブに参加できるキャンペーンが開催されます。 応募フォームはこちら(3Dモデル・2Dアバター / REALITY)。 (参考)Kizuna AI株式会社 プレスリリース にじさんじ×イーザッカマニアストアーズ コラボ開催 にじさんじとECサイト「イーザッカマニアストアーズ」のアパレルコラボが開催。コラボグッズが販売開始し..
未分類

「VRoid Studio」の公式ファッションコンテストが開催! 受賞作品を実際の服にする特別賞もあり

3Dアバター制作ソフトウェア「VRoid Studio」を使用する「バーチャルファッションデザインコンテスト」が開催中です。期間は12月27日(月)から2022年1月31日(月)まで。「受賞デザインを実際の服にする」企画など、複数の賞品が設定されています。 「VRoid Studio」は、「3D創作を誰でも楽しめるように」というコンセプトでリリースされたソフトウェアです。顔や衣装を編集してオリジナルのアバターを制作可能で、現在クリエイターの間でファッション面での創作活動が活発に行われています。 注目ピックアップ! VRoidメタバースファッション最前線 [vol.1] | Mogura VR MoguraVR (サンプルモデルA.B.C) 公式バーチャルファッションコンテストには、「VRoid Studio」搭載のサンプルモデルA,B,Cに作成したアイテムを着せ、ハッシュタグ「#VirtualFashionContest」をつけてVRoid Hubに投稿すれば参加可能です。 投稿サイト: https://hub.vroid.com/tags/VirtualFas..
未分類

「アバターアワード2021」の結果が発表 力作ぞろいのアバターが集合

12月21日(火)バーチャル空間でのファッションコンテスト「アバターアワード2021」の授賞式が行われ、最優秀賞・優秀賞が決定しました。最終ノミネートに残った12作品が、バーチャル・ランウェイでのパフォーマンスを披露しています。 「アバターアワード」は、独創的な進化を続けるアバター文化の振興とクリエイターの社会的認知度向上を目的として、一般より広く3Dアバター作品を募集し、優れた作品を表彰するアワードです。2020年にはバーチャルキャラクターを表彰する「主催者特別功労賞」に、キズナアイさんが選出されました。 2021年の審査員には、ホロライブID2期生「Kureiji Ollie (クレイジーオリー)のデザインで知られるLAM氏や、イラストレーターの藤ちょこ氏、ファッションデザイナーの丸山敬太氏が参加しました。最優秀賞と優秀賞に選ばれた作品は以下の通りです。 最優秀賞(「Nuibari」(投稿者:メシエナンバー氏)) (審査員コメント(抜粋)) ・キャットウォークに出てきた瞬間から「おや、違うぞ。なんだろこれ」というフックがあり、 色のバランスやアバターに込めている思いなどがト..
未分類

「VRChat」公式の年末カウントダウンイベントが開催! 新たな専用ワールドも用意

ソーシャルVRアプリ「VRChat」の公式Twitterで、年末カウントダウンイベント「NEW YEARS VRC SQUARE 2022」の開催が発表されました。 「VRChat」では、新年の到来を祝うカウントダウンイベントが実施されています。「NEW YEARS VRC SQUARE 2022」では、2022年向けの新ワールドが用意されており、そこでフレンドや他の人たちと年末年始をお祝いできます。各地域向けのカウントダウンも用意されるとのこと。 ワールド内には、「VRChat」コミュニティが作成した各種コンテンツが用意されているほか、ライブコンテンツサービス「VRDCN」を通じた、音楽ストリーミングも実施。紹介動画では「Shelter」や「Vibe Tribe」「BAR羽休め」などのワールドが取り上げられています。 Less than a week remains before our HUGE New Year's event! Join us in the new VRC Square world, PACKED with community content. ..
未分類

VTuberオンラインライブの舞台裏では何が行われている? 宗谷いちかソロライブの事例を紹介

2021年11月20日に開催されたVTuber宗谷いちかさんのソロライブ「Ichika Souya 2nd Q Re:18:2」について、バルス株式会社がその舞台裏の一部を紹介。プレスリリースの内容からはVTuberのバーチャルライブがどのように運営されているのかが垣間見えます。 その内容によれば、宗谷いちかさん本人以外でイベントに携わった関係者は合計12名で、ディレクター、3DCGディレクター、テクニカルディレクター、カメラ、サウンドディレクター、映像エディター、プロダクトマネージャー、配信スタッフ、フロアスタッフが参加したとのこと。またダンス指導やカメラマンなども外部参加しているため、総勢30名ほどででの制作となったそうです。 今回のライブでバルス株式会社は「バーチャルライブ・オンラインライブだからこそできる新しい表現」に挑戦することにこだわり、360度のステージや背景を横スクロールできる動きのあるステージなどを製作。渋谷や原宿といったステージをひとつのライブ会場として、まとめて表現しています。 https://www.youtube.com/watch?v=PpU80EDe..
未分類

【ポケモンGO】年末RTキャンペーン開始 抽選10名に描き下ろしイラストプレゼント

スマートフォン向けARゲーム「ポケモンGO」の公式Twitterで、予告されていた年末のプレゼントキャンペーンが開始されています。 プレゼントキャンペーンの開催期間は、12月27日(月)から12月31日(金)午後23:59まで。「ポケモンGO」5周年を記念した額入りイラスト5枚セットが当たります。イラストはすべて新たな描きおろしです。 描きおろしイラストセットは期間中、抽選で毎日10人が当選する形式。応募は「ポケモンGO」公式Twitterをフォローした状態で、下記(12月27日(月)の場合)のツイートをリツイートすることで参加できます。当選した場合はダイレクトメッセージでの連絡が行われます。 /#ポケモンGO5周年 プレゼントキャンペーン1日目 \ 抽選で毎日10名様に、「額入り5周年記念イラスト5種類セット」をプレゼント! ▼応募方法 ①@PokemonGOAppJP をフォロー ②この投稿をRT 〆切:12/27 23:59 31日まで毎日挑戦しよう!#ポケモンGO #2022年もポケGO pic.twitter.com/qiscvWJqOM — Pokémon G..
未分類

【ポケモンGO】全国で5周年イラスト広告が掲載中 ステッカー貰えるキャンペーンも実施

スマートフォン向けARゲーム「ポケモンGO」の公式サイトで、5周年記念イラストと、各種キャンペーンなどの詳細が公開されています。 5周年記念イラストは5人のクリエイター(後述)がそれぞれ描き下ろした作品。12月27日(月)から、全国各地で、5周年記念イラストや5周年記念映像「Adventures Go on!」を用いた屋外広告が順次掲出されています。掲載場所やスケジュールは以下の通り。 ・東京 JR新宿駅 中央通路:12月27日(月)〜2022年1月2日(日) JR新宿駅 東西自由通路:2022年1月10日(月)〜1月16日(日) 東京メトロ池袋駅 地下1階:2022年1月10日(月)〜1月16日(日) ポケモンセンターメガトウキョー(池袋 サンシャインシティ 専門店街アルパ 2F):12月27日(月)〜2022年2月26日(土) ・大阪 Osaka Metro御堂筋線 梅田駅 上りホーム:2022年1月3日(月)〜1月9日(日) ・名古屋 名古屋市営地下鉄 名古屋駅 東山線ホーム:12月27日(月)〜2022年1月9日(日) ・福岡 西鉄福岡(天神)駅 北口改札:12..
未分類

PwCがメタバースによるビジネス変革のコンサルティングを提供開始、企業のメタバース活用支援

PwCコンサルティング合同会社は、メタバースを活用したビジネス変革のコンサルティング支援サービスを2021年12月22日より提供開始します。PwCコンサルティングはメタバースを「インターネット上の仮想空間」と広く定義したうえで、事業構想やマーケティングでの活用、業界動向調査、商品・サービス開発など幅広くコンサルティングサービスを行います。 PwC(プライス・ウォーターハウス・クーパース)はロンドンに本拠地を置く、世界的な会計事務所です。その日本法人であるPwC Japanグループでは人材育成にVR研修を導入、またPwCあらた有限責任監査法人では新卒採用イベントをメタバースで開催するなど、様々な角度からの活用が試みられています。今後はPwCコンサルティングでも、コンサルタント人材の育成、社内ナレッジの蓄積・活用などの分野でメタバース活用を推進していくとしていくとのこと。 メタバース活用による経営変革・事業構想を包括的に支援 PwCコンサルティングのメタバース活用コンサルティング支援サービスでは、事業構想から新規事業のデザイン、マネタイズモデルの設計、データ活用、システム開発に至る具体..
未分類

【XR Kaigi 2021】集英社が語る XR進出の経緯と狙い

国内最大級のVR/AR/MRカンファレンス「XR Kaigi」が今年も開催されました。今年の「XR Kaigi 2021」はオンラインカンファレンス「XR Kaigi Online」(11月15日~17日)と、リアル会場での展示・体験会「XR Matsuri」(11月25日・26日)のハイブリッドで実施。XR Kaigi Onlineでは、3日間の期間中に50以上のセッションが行われました。 今回はその中から、11月16日に行われたNianticのセッション「集英社XRとTHINK AND SENSEによるARDKを活用した新しいメディア創造とビジネス展開」をレポートします。登壇者は集英社 新規事業開発部 XR事業開発課 課長・稲生晋之氏と、ティーアンドエス 取締役 THINK AND SENSE部 部長・松山周平氏の二人。セッションでは、集英社がどのようなXR事業を展開するのか、THINK AND SENSEやティーアンドエスと協力してどのような未来を作っていくのかが語られました。 近年のXR業界をどのように考えているか 2021年、集英社では『鬼滅の刃』や『呪術廻戦』のアニメー..
未分類

イーロン・マスクが言及など、世界中からメタバース関連の話題をお届け メタバース通信 vol.18

AR/VR業界のみならず、さまざまな業界を巻き込んで話題の「メタバース(metaverse)」。「メタバース通信」では、メタバースに関する世界中の最新情報をキャッチアップ。人々の新たなコミュニケーションや経済の場になるであろうメタバースを形作る、さまざまな情報をコンパクトにまとめてお伝えします。 目次(vol.18) 1. イーロン・マスク「メタバースは“説得力がない”」 2. 中国でメタバース関連の商標出願がヒートアップ 3. メタバース提供まであと6年必要? 中国バイドゥが見解 イーロン・マスク「メタバースは“説得力がない”」 (画像元:The Babylon BeeのYouTube動画) TeslaやSpaceXのCEOとして知られるイーロン・マスク(Elon Musk)氏が2021年12月下旬、風刺WebメディアThe Babylon Beeの動画インタビューに登場。同氏はインタビューの中で、昨今バズワードとなっている「メタバース」や「Web3.0」についての持論を語りました。 マスク氏は、自身が「新しい技術を理解するには年を取りすぎているかもしれない」と言いつつも、..
未分類

【ポケモンGO】今後の展望について開発者が語る文章が公開 一部ボーナスの見直しについて言及

スマートフォン向けARゲーム「ポケモンGO」の公式サイトで“ディベロッパーダイアリー”が公開。開発者が語る、今後のシーズンに関する展望などが掲載されています。 一部ボーナスは見直し予定 今回掲載されたディベロッパーダイアリーは、2021年の「ポケモンGO」を振り返ると共に、現在開催されている「ヘリテージシーズン」やその先について、開発者が語るといいうもの。 ゲームデザインを担当するDan Thomas氏によれば、「ヘリテージシーズン」では、毎月の「タイムチャレンジ」のタスクとシーズンでのボーナスをさらに重視する、これまでと異なるアプローチを試す予定とのこと。同氏は「どのような遊び方を選択しても有意義な冒険を見つけられる方法を構築したい」とコメントしています。 ライブ・ゲーム・ディレクターのMichael Steranka氏は、過去数回の「シーズン」で維持されてきたボーナスの一部を見直す構想を語っています。停止時の「おこう」の効果や、「リモートレイドバトル」でダメージが増加するボーナスなどを再調整する考えとのこと。Steranka氏は「世界中のトレーナーの皆さんが外に出て探検するよ..
未分類

“ファッションメタバース”としての「ZEPETO」に注目集まる。ユーザー数は約2.5億人

英BBCニュースが「Is this the world’s largest virtual fashion show?」(これが世界最大のバーチャルショーか?)と題し、3Dアバターソーシャルアプリ「ZEPETO」に関する記事を投稿しています。記事ではZEPETOユーザーである“Monica Quin”ことMonica Louise氏へのインタビューを交えつつ、ZEPETOの現状の盛り上がりを伝えています。 ユーザー数約2.5億人、アジア最大のメタバースプラットフォーム ZEPETOはスマートフォンで(Android/iOS)アバターを作って遊べるアプリ。アバターでメイクや着せ替えを楽しんだり、アプリ内のワールドで他のユーザーとのコミュニケーションやゲームを楽しんだりすることができます。 スマホアプリ「ZEPETO」の遊び方を紹介 3Dアバターでオシャレを楽しもう! | Mogura VR MoguraVR BBCの記事によれば、ZEPETOのユーザー数は約2.5億人。ユーザーの約7割が女性で、男性ユーザー率の高い、Robloxなどの競合サービスと比べると特異な例だと..
未分類

【XR Kaigi 2021】「クライアントと伴走する“お助けマン”になる」Synamon流XRビジネス導入のコツ

国内最大級のVR/AR/MRカンファレンス「XR Kaigi」が今年も開催されました。今年の「XR Kaigi 2021」はオンラインカンファレンス「XR Kaigi Online」(11月15日~17日)と、リアル会場での展示・体験会「XR Matsuri」(11月25日・26日)のハイブリッドで実施。XR Kaigi Onlineでは、3日間の期間中に50以上のセッションが行われました。 今回はその中から、11月15日に行われたSynamonのセッション「XRが当たり前の世界を目指して~ビジネスXRの魅力と開発ノウハウ~」をレポートします。セッション登壇者はSynamonの前田陽太氏、吉田昴生氏、徳永まり奈氏の3氏。また、モデレーターとしてMogura VR編集長の久保田瞬も登壇し、ビジネスXRの魅力とその開発ノウハウについて講演を行いました。 「NEUTRANS」やXRプロダクトの企画・開発を手がけるSynamon Synamonはバーチャル空間でビジネス活動を行うためのVRコラボレーションサービス「NEUTRANS」や、XRプロダクトの企画・開発、XRビジネスに関わるコンサ..
未分類

ソーシャルVR「Rec Room」が約164億円調達、メタバース実現に向けてインテルが声明 ー 週間振り返りVR/AR/MRニュース

「週間振り返りVR/AR/MRニュース」では、Mogura VR News / MoguLiveで掲載したニュースの中から見逃せない注目記事をピックアップ。読者の皆さんに、VR/AR/MRの最新情報をギュッと縮めてお届けします。 目次 1.ソーシャルVR「Rec Room」が164億円を調達。企業評価額は3,975億円に(12.21) 2.「メタバースの実現には1000倍のコンピューティング能力が必要」インテルが声明(12.22) 3.ボーイング社、バーチャル空間上での飛行機製造を模索か(12.22) 4.VRゲーム「After the Fall」の収益が発売24時間で約1億6,000万円を突破! 過去作を大きく上回る勢い(12.19) 5.「現実に引きこもるな」30年後のミライを語ったXR Kaigi 2021基調講演レポート(前編・後編)(12.21) ソーシャルVR「Rec Room」が164億円を調達。企業評価額は3,975億円に(12.21) ソーシャルVR「Rec Room」開発のRec Roomが、1億4,500万ドル(約164億円)を調達します。同社の現在の企業評..
未分類

【ポケモンGO】年末プレゼントキャンペーンがスタート 描きおろしイラストが当たる!

スマートフォン向けARゲーム「ポケモンGO」の公式Twitterで、年末プレゼントキャンペーンの開催が告知されました。 プレゼントキャンペーンの開催期間は、12月27日(月)から12月31日(金)午後23:59まで。抽選で「ポケモンGO」5周年を記念した額入りイラスト5枚セットが当たります。イラストはすべて新たな描きおろしとのこと。イラストの詳細は、12月27日(月)に公開される予定です。 /#ポケモンGO5周年 プレゼントキャンペーン開催決定 \ 12月27日(月)〜12月31日(金)の5日間 フォロー&RTキャンペーンを開催します! 詳細をお楽しみに!#ポケモンGO #2022年もポケGO pic.twitter.com/IcXLAnfIoG — Pokémon GO Japan (@PokemonGOAppJP) December 26, 2021 ©2020 Niantic, Inc. ©2020 Pokémon. ©1995-2020 Nintendo / Creatures Inc. / GAME FREAK inc (参考)ポケモンGO 公式Twitter
未分類

この動画がすごい!今週のおすすめVTuber動画(12月18日~12月25日)

日々クオリティの高い作品がアップされ続けている、VTuber(バーチャルユーチューバー)やバーチャルで活動しているタレントの動画。その中から独断と偏見で「この動画は是非見て欲しい」というものをご紹介。話題のものから個性派まで、要チェック! 今回紹介した動画のYouTube再生リストはこちら VRアカデミア クリスマスリレー動画配信 クリスマスリレー – VRアカデミア公式Wiki 12月23日から25日の間、VRアカデミアによる動画投稿・配信のリレーが行われました。VRアカデミアとはバーチャルな存在が自分が教えられることをコンテンツとして提供しようとする集まりです。今回はプログラミング、宗教学、法律学、生物学などかなり幅広いジャンルのものが扱われており、学びの祭典といった様相。その中からいくつかご紹介。 https://www.youtube.com/watch?v=TYd5AHHvoAk 固体量子が行ったのは、クリスマスといえば超伝導体、という一見するとびっくりするような内容。超伝導体がワインを好む、という普段考えないような話題に切り込んでいます。 https://www..
未分類

3Dアバターで体調管理できるヘルスケアアプリ「NUCADOCO」

株式会社ジィ・シィ企画は、3Dアバターを使って健康を管理できるヘルスケアアプリ「NUCADOCO」をリリースしました。「NUCADOCO」は、運動や食事、睡眠の記録により、アバターの身体や表情が変化するのが特長です。 「NUCADOCO」では、目標達成時やバランスの良い食生活などを行った際、ユーザーにポイントを付与。ゲーム感覚で健康管理を行えます。アバターはデフォルトで6タイプ。「VRoid Hub」を使用して、オリジナルアバターを導入することも可能です。 食事の写真を撮影すると、画像から栄養素を自動的に算出する機能も存在。「Google Fit」や「ヘルスケア」との連携機能も実装されています。主に企業での使用が想定されており、管理者(事業者)は、管理画面から各ユーザー(従業員)の状況を確認し、健康意識向上に役立てることができるのこと。 ジィ・シィ企画は、「NUCADOCO」に対応した、リアルアバター生成機もリリースしています。これは、ボディサイズを三次元計測する3D身体測定を提供するための機器。アプリ契約企業に装置を年1回、貸し出すことが想定されています。 (参考)プレスリリ..
未分類

メタ、ゲームエンジンGodotに新たな助成金

ゲームエンジンGodotの開発元は、メタ(旧フェイスブック)のVR/AR部門「Reality Labs」より新たな助成金を受けることを明らかにしました。この助成金により、新機能の追加やより多くのデバイスをサポートするなどの取り組みが発表されています。 Godotはクロスプラットフォームでオープンソースの2D/3Dゲームエンジン。2020年12月にも、メタ(当時、フェイスブック)より資金援助を受けています。 フェイスブックがオープンソースのゲームエンジンGodotに資金提供、VR対応進む | Mogura VR MoguraVR 前回の助成金により、XRの標準仕様であるOpenXRサポートを完全追加するなどの開発が進められました。 今回の新しい助成金の半分は、XRのサポートを継続し強化するために充てられます。具体的には以下が挙げられました。 ・より多くのデバイスサポート ・メタのキーノートセッション(2021年10月)で発表されたような様々な新機能の実装 助成金の残り半分については、「Godot コミュニティではよく知られているように、Godot エディタは本質..
未分類

「からかい上手の高木さんVR 2学期」PC版がついに発売、VR専用タブレットPC誕生!?―今週の気になるVRゲームニュースまとめ(12月19日~12月25日)

「気になるVRゲームニュースまとめ」では、一週間の内に報じられたVRゲーム関連ニュースの中から気になる新作、アップデート情報などをまとめてお届けします。今回は12月19日~12月25日の関連ニュースが対象です。 目次 1. 魔法体験シミュレーター「Waltz of the Wizard」最新アプデで音声認識機能追加 2. 暗殺ステルスアクション「HITMAN 3」PC版の最新VRゲームプレイ映像公開 3. VR空間上でタブレットPCを触り倒す新感覚アプリ発売(※実務には使えません) 4. VRアニメ「からかい上手の高木さん 2学期」PC版がSteamで発売 魔法体験シミュレーター「Waltz of the Wizard」最新アプデで音声認識機能追加 Steam、Oculus Store(Rift / Quest)にて発売中の魔法体験シミュレーター「Waltz of the Wizard」の最新アップデートが実施されました。このアップデート適用により、音声認識によるアクションが実行可能です。 https://www.youtube.com/watch?v=a7Jpy-bvI-s ..
未分類

な、なんだここは……謎の空間で研究資料系の同人誌を購入できる「資料性オンラインEXPO」が開催中

2月25日(土)12:00~27日(月)20:00まで、まんだらけの同人誌イベント「資料性オンラインEXPO」がオンラインで開催中です。まんだらけ会員情報があれば無料で入場できます。 研究や調査をまとめた同人誌や研究資料を入手できるイベントとのことで、さっそくPCでアクセスしてみたのですが……。 こ、これは一体……? バーチャル空間は巨大な筒の中のようになっており、壁面にお店が立ち並んでいます。よくよく見てみると、店の中には異形の生命体がうろついていたり、お化け屋敷があったりと、混沌とした空間になっています。 アバターはうつろな目をした老人。キーボード操作で空を飛びながら空間内を自由に移動できます。立体的に操作できるので、どんどん真下へと降下したりもできます。 それぞれのお店に近づくと、販売されている同人誌を確認でき、そのままブラウザで商品情報をチェックできます。店によってはチャットでコミュニケーションもできます。昔のドラマやアニメ資料など非常にマニアックな内容のものが多いため、巡っていけば思わぬ掘り出し物に出会えるかもしれません。 とにかく怪しげなバーチャル空間ですが、PC..
未分類

「スナップチャット」にメタバースのアバターっぽくなるARレンズが登場

スマートフォン向けアプリ「スナップチャット」で、メタバースアバター風に変身できるARレンズ(フィルター)が登場しました。 「スナップチャット」はAR機能で顔を加工したり写真を撮ったり、フレンドとチャットしたりできるアプリ。画像をすぐに消せるため、その瞬間の楽しいことをシェアしやすいのが特徴です。撮影にARで様々なエフェクトをかけて自分の顔を色々と加工できます。 (早速やってみた結果がこちら) 今回リリースされたARレンズ「Avatar」は、使用者をメタバース系のバーチャルワールドに出てきそうな3Dアバター風に、ARで改変するというもの。マイクロソフトの「Mesh for Microsoft Teams」や「Ready Player Me」の3Dアバターに似ているかもしれません。 気になる方は「スナップチャット」を起動して、下記のQPコードを読み込んでみましょう(長押しタップすると利用できます)。 「Snapchat」の遊び方を徹底解説 ディズニー風のARレンズや、アバター絵文字を使ってみよう | Mogura VR MoguraVR 世界中からメタバース関..
未分類

【ドラクエウォーク】「覚醒千里行 あくま神官編」が開催中

スマートフォン向けARゲーム「ドラゴンクエストウォーク(ドラクエウォーク、DQW)」で、上級者向けの“こころ覚醒”コンテンツ「覚醒千里行 あくま神官編」が今週も開催されています。 「覚醒千里行 あくま神官編」の開催期間は、12月26日(日)午後14:59まで。期間中は、クエスト受注中のフィールド出現モンスター(モーモン、みならいあくまなど)を倒すと「宝珠のかけら」を入手可能。集めることで、「あくま神官の宝珠」と交換できます。クエスト出現モンスターは「覚醒千里行 あくま神官編」を受注していないと出現しません。 クエストの出現条件は、メインストーリー第9章10話のクリア。クエスト初回クリア時にも「あくま神官の宝珠」が手に入ります。以下の条件を満たせば、「あくま神官のこころ」の覚醒を行うことができます。 ・メインストーリー第10章10話のクリア ・あくま神官のこころSを所持 ・「あくま神官の宝珠」を5つ入手 「あくま神官」が対象の「レアモン確変中」も実施中。クエストの受注中は、同モンスターの出現率がアップします。レアモンチャンスは出現しません。 「覚醒千里行 キラーマシン編」、「覚..
未分類

【VR映画ガイド第80回】VR体験だからこそ得られる知識 地球の生命の起源を探る

3,500億年前の地球上の生命の起源を探るVR 今回紹介する「David Attenborough’s First Life」はイギリスの動物学者、植物学者であるデイビッド・アッテンボローによるアッテンボローシリーズの1つです。この連載でも第78回でデイビッド・アッテンボローが植物に焦点を当てた「Traders and Invaders – Kingdom of Plants」を紹介しました。 【VR映画ガイド第78回】植物の複雑な世界を180度3Dでのぞいてみよう | Mogura VR MoguraVR 「David Attenborough’s First Life」では3,500億年前の地球上の生命の起源を探ります。生命がそれまでの単細胞生物の時代から海底を自由に動き回り捕食するような生物の時代への変化を見ることができます。5つの目を持つオパビニア、恐ろしい顔をしたアノマロカリス、トゲのあるミミズのようなハルシゲニアなどの古生物が見事なCGで蘇り、360度を8K 60fpsのVRで体験できます。 もともと「David Attenborough’s First..
未分類

VR卓球ゲーム「Eleven Table Tennis」がメタ社の新アバターシステムに対応

VR卓球ゲーム「Eleven Table Tennis」がメタ社(旧フェイスブック)の新アバターシステムに対応すると発表されました。2021年12月現在、ベータテストが実施中です。 「Eleven Table Tennis」は、その名の通り卓球をVR楽しめるゲームで、現実と同じような物理シミュレーションが取り入れられています。Steam版のほか、Oculus Quest(オキュラス クエスト)版も配信されています。 これまでの「Eleven Table Tennis」では、あらかじめ用意されたパーツ(VRヘッドセット、猫の顔など)や、古いOculusアバターのみが使用できました(Oculusアバターは腕が無く、手とラケットが浮いて表示される形式でした)。 New @oculus avatars currently making the rounds in Beta and should be making their way to everybody really soon! #VR pic.twitter.com/PoKLEuHCdg — Eleven Table Tenni..
タイトルとURLをコピーしました