HoloLens 2でトンネル施工管理、業務効率化を実証 鴻池組とインフォマティクス

この記事は約2分で読めます。

2021年09月27日、株式会社鴻池組株式会社インフォマティクスは、MRデバイス「HoloLens 2」を活用したトンネル管理施工システムの実証実験を実施。トンネル工事において、本システムが業務効率化に有効であることを明らかにしました。

トンネル施工管理システムに新機能を追加

この実証実験は近畿地方整備局兵庫国道事務所の協力のもと、名塩道路城山のトンネル工事において実施されました。周辺を見回すだけで3Dモデルを配置できる「空間アンカー機能」、ならびに発注者による現場での立会検査をオンライン会議化する「遠隔臨場システム」の検証を行っています。

鴻池組「DX技術を活用したトンネルMRの施工管理システム」 - 名塩道路 城山トンネル工事における実証実験 -
MR技術で現場作業効率化を実現する「GyroEye Holo」と遠隔臨場・変状調査MRパッケージ「XRoss野帳」を使用した、トンネルMR施工管理システムの実証実験動画です。協力株式会社鴻池組様 ( )公式HP

マーカー不要で高精度に3Dモデル表示

鴻池組とインフォマティクスは「空間アンカー機能」によって、トンネル坑内における MR表示精度の向上、各種調査データや計測データの自動表示を実現。同機能はインフォマティクス社の MR ソリューション 「GyroEye Holo」に、マイクロソフトの提供する Mixed Reality クラウドサービスである 「Azure Spatial Anchors」を活用して実装されています。

また、鴻池組とインフォマティクスは「遠隔臨場システム」によって、事務所側から確認すべきポイントを送り、トンネルMRを装着した点検者がそのポイントを確認する際の良好な操作性を確認。受発注者が現場と約20km離れた会議室にそれぞれ分かれ立会検査を行ったところ、映像や音声が十分な品質で伝送されることを確認しています。

鴻池組はプレスリリースにて、「実運用に向けた更なる機能改良を行い、建設現場の生産性向上や安全性向上に寄与していきたい」とコメントしています。

建設現場におけるMR技術開発、インフォマティクスと鴻池組が連携 | Mogura VR

建設現場におけるMR技術開発、インフォマティクスと鴻池組が連携 | Mogura VR

MoguraVR

図面を現実に重ねてチェックできる「GyroEye Holo」最新版で精度向上へ | Mogura VR

図面を現実に重ねてチェックできる「GyroEye Holo」最新版で精度向上へ | Mogura VR

MoguraVR

(参考)日本マイクロソフト プレスリリース鴻池組 プレスリリース

タイトルとURLをコピーしました