MRグラスのNrealが1億ドルを追加調達、翌週に新製品発表へ

この記事は約2分で読めます。

2021年9月22日、中国NrealがシリーズCにて1億ドル(約110億円)の資金調達を行いました。併せて、Nrealは翌週に新製品を発表することを明らかにしています。

翌年には中・米市場に本格参入、新製品発表間近に

Nrealは2017年創業、スマートフォンに接続して使う一般向けMR(Mixed Reality)グラス「NrealLight」を開発・提供しています。2019年にKDDI株式会社と戦略的パートナーシップを締結、2020年12月には日本国内向けの販売を開始。Nrealによれば、日本以外では韓国やドイツ、スペインへの展開も行っています。

KDDI、メガネ型MRデバイス「NrealLight」を12月1日発売 価格は約7万円に | Mogura VR

KDDI、メガネ型MRデバイス「NrealLight」を12月1日発売 価格は約7万円に | Mogura VR

MoguraVR

NrealのCEOであるChi Xu氏はCNBCに対し、「中国は間違いなく巨大な市場であり、私たちも来年には中国、そしてアメリカ等の市場にも参入する予定です」とコメント。さらに、翌週には「完全に新しいデザインで、NrealLightよりも軽く快適で、低価格な新製品」を発表することを明らかにしています。Xu氏はこの新製品がスマートフォンに接続して使用することについては認めている一方、NrealLightと同じくMRグラスであるか否かについては不明です。

Nrealは今回調達した資金をもとにMRグラス「NrealLight」のマーケットやコンテンツの拡大、通信事業者とのパートナーシップ強化、「特定のユースケースに特化した新製品やサービスの導入」、そして「メタバースの可能性を追求する」見通しです。

(参考) NrealCNBC

タイトルとURLをコピーしました