「東京ゲームショウ2021」VR会場の詳細が公開! 宝探しやモニュメントづくりが登場

この記事は約2分で読めます。

9月30日(木)~10月3日(日)開催の「東京ゲームショウ2021」VR会場の詳細が発表されました。VRヘッドセットやPCから無料で参加可能。会場巡りの間に楽しめるゲーム要素も公開されました。

VR会場は、海上要塞「GAME FLOAT」(VRヘッドセット対応)と大空に浮かぶ「GAME FLOAT SKY」(PC対応)に分かれており、巨大なワールド内にゲームにちなんだ様々な出し物が登場します。

従来のブース型では無く、出展作品の世界観を表現するスペース型となっており、動画や3Dモデルが設置されるとのこと。またユーザーは、会場に設置されているPR動画を自分の側に引き寄せて、画面を拡大して視聴できるそうです。

入場する際には「ルームIDシステム」があり、友達と事前に待ち合わせて一緒に参加できるようになっています。アバター同士での音声チャットや一言メッセージ機能もあり、コミュニケーションを取りながら会場巡りを楽しめます。アバターには、Tシャツ着替えシステムも用意され、アバターの外見を好みに合わせてデザインできます。

さらに出店スペースに配置されたアイテムを集めたり、宝探しに挑戦したりといったゲーム要素も登場。ゲーム情報を追うだけでなく、ゲームにちなんだ遊びを体験できるそうです。またユーザー全員でモニュメントをつくるというチャレンジも行われる予定です。

VR会場の対応デバイスは、VRヘッドセットOculus Quest(Quest 2)、Oculus Rift(Rift S)、HTC VIVE Series、PC(Windows、Mac)スマートフォンブラウザです。遊び方の詳細は公式サイトを確認ください。

公式サイト
https://tgsvr.com/

(参考)プレスリリース

タイトルとURLをコピーしました