VR開発のハシラス、ブラウザでアクセスでき、1000人規模のバーチャル空間を作れる「めちゃバース」を発表

未分類
この記事は約2分で読めます。

株式会社ハシラスがメタバース技術「めちゃバース」を発表しました。事前の登録やインストールが不要で、Webブラウザーから直接、大人数同時参加のバーチャル空間に入れる点から「めちゃ簡単でめちゃ沢山入れる」サービスとしています。

めちゃ簡単

ユーザー登録やアプリインストールは一切必要なく、ユーザーはWebブラウザから「めちゃバース」のURLにアクセスすると、即座にバーチャル空間に参加できます。URLにはクエリ文字列としてユーザー名を付加することで、URLにアクセスした瞬間にユーザー名が入力された状態でバーチャル空間に参加することも可能です。

SNS等で瞬間的に集客する事が可能になるため、製品発表会などをバーチャル空間で開催し、紹介動画や3Dモデルを鑑賞するといった体験を多くのユーザーに提供できる、とのこと。

めちゃ沢山入れる

ひとつのバーチャル空間には1000人規模の大人数が同時参加可能で、ユーザーの一部が見えなくなったりすることもありません。これまでのバーチャル空間プラットフォームでは実現できなかった、大人数が集まる「にぎわい感」や「熱気」を演出することが可能としています。

将来的なユースケースとしては、大勢のアバターでひしめきあうバーチャルライブハウスやクラブ、アバターが観客席を埋め尽くすバーチャル競技場でのスポーツ観戦などが想定されています。

「めちゃバース」の今後

ハシラスでは、今後は市場の具体的なニーズを吸い上げながら、「めちゃバース」を製品としてブラッシュアップを行うとしています。

新型コロナウイルスでリアルなイベントの開催が難しくなる中、バーチャル空間サービスが次々と立ち上がっています。アプリ不要でアクセスの手軽なブラウザ向けには、Mozillaの「Hubs Cloud」、Hubs CloudをベースとしたNTTの「DOOR」、HIKKYの「Vket Cloud」などがあります。

オープンソースのバーチャル空間「Hubs Cloud」公開 企業も利用可能 | Mogura VR

オープンソースのバーチャル空間「Hubs Cloud」公開 企業も利用可能 | Mogura VR

MoguraVR

バーチャル展示即売会「クラフ特区」ユニーク来場数5,000人と発表 | Mogura VR

バーチャル展示即売会「クラフ特区」ユニーク来場数5,000人と発表 | Mogura VR

MoguraVR

「バーチャルマーケット」のHIKKY、VRコンテンツ開発エンジン「Vket Cloud」提供開始 | Mogura VR

「バーチャルマーケット」のHIKKY、VRコンテンツ開発エンジン「Vket Cloud」提供開始 | Mogura VR

MoguraVR

(参考)プレスリリース

タイトルとURLをコピーしました