VRで子どもの痛み・不安を軽減 ロサンゼルス小児病院が研究結果を発表

未分類
この記事は約2分で読めます。

ロサンゼルス小児病院は2021年8月25日、「VRが、静脈内カテーテル留置を受ける子どもたちの痛みや不安を軽減する」研究結果を発表しました。VRを用いることで痛みや不安を軽減し、麻酔の必要性を減らすことが期待できます。また、医療体験がストレスやトラウマにならないことで、子どもたちの生涯の健康にも良い影響を与えるかもしれません。

VRで痛みや不安を軽減、有意に効果

今回の研究は、ロサンゼルス小児病院の研究員であるJeffrey I. Gold博士のチームが、医学雑誌「JAMA Network Open」に掲載したものです。Gold博士は20年近くにわたり、痛みを伴う医療処置を受ける子どもたちを支援する技術として、VRの使用を研究してきました。ロサンゼルス小児病院では採血の際にもVRを使用していて、採血されていることに気づかない患者もいるそうです。

「小児の末梢静脈カテーテルを受ける患者において、VRによる介入は標準治療と比較して、痛みと不安を改善するか?」をテーマとし、10〜21歳の患者107人を対象に、テティベアを倒すVRゲーム『Bear Blast』(AppliedVR)を遊びながら処置を受けるグループと、標準の治療を受けるグループに分けて実験を行いました。患者と患者の家族などの介護者、臨床医は、痛みや不安感について、カテーテルの装着前と装着後のアンケートに回答。結果、VRを使用した患者は標準治療を受けた患者に比べて、痛みや不安のレベルが有意に低いことが分かりました。また、患者の視点だけでなく、臨床医や患者の家族・介護者の視点からも分析した結果、どの立場の人も「VRを使用することで、よりポジティブな体験をした」といった内容を報告しています。

診察中の子どもの経験は、その後の診察にも影響を及ぼします。例えば、患者である子どもが不安を感じていると体が強張ってしまい、カテーテルの挿入が難しく何度も試みなければならなくなります。

「日常的な処置に伴う恐怖心を軽減することで、子どもたちがより前向きな気持ちで治療を始められるようにします。こうしたことは、子どもたちの生涯にわたる健康に影響を与えます」とGold博士は語っています。

(参考)プレスリリースJAMA Network Open

タイトルとURLをコピーしました