サムスン、米軍のARトレーニング開発に参加 テスト機材など提供へ

未分類
この記事は約2分で読めます。

韓国のサムスン電子が、アメリカ軍と次世代通信規格“5G”とARを活用したトレーニングを開発していることが明らかになりました。

5G対応のARトレーニングのテストベッド開発の発表は、サムスンと軍需産業のGBL Systemsが共同で発表しました。告知によれば、これはアメリカ国防省が2020年10月に発表した、6億ドル規模の5Gテストの一部であるとのこと。

ARヘッドセットには障害物や計器の情報など、トレーニングに必要な情報が表示されます。サムスンネットワークとGBL Systemsは、ARヘッドセットに接続された5Gデバイスを動作させることを目的とした、プライベート5Gネットワーク(ミリ波とミッドバンドスペクトルを使用)を、アメリカ軍が構築するのをサポートします。

米メディアForbesによれば、サムスンはテストに必要な機材の提供も行うとのこと。機材には、ARヘッドセットの接続ポイントとして使用されると思われる「Galaxy」モバイル端末も含まれます。

「スナップチャット」がサムスンと提携 スマートウォッチを"AR試着"可能に | Mogura VR

「スナップチャット」がサムスンと提携 スマートウォッチを"AR試着"可能に | Mogura VR

MoguraVR

サムスンが「Galaxy SmartTag+」発表、ARで落とし物の場所が分かる | Mogura VR

サムスンが「Galaxy SmartTag+」発表、ARで落とし物の場所が分かる | Mogura VR

MoguraVR

米軍の「HoloLens 2」大規模導入が量産フェーズに移行、契約金額は最大2兆円超 | Mogura VR

米軍の「HoloLens 2」大規模導入が量産フェーズに移行、契約金額は最大2兆円超 | Mogura VR

MoguraVR

(参考)Forbes

タイトルとURLをコピーしました