AR対応アバター制作アプリで、60種類以上の衣服の試着が可能に

未分類
この記事は約2分で読めます。

無料のAR対応アバター制作アプリ「in3D: 3D body scanning」で、デジタルブランドReplicantの衣服が着用できるようになりました。これにより、Replicantに参加している30人以上のデザイナーの衣服60種類以上が試着可能になったとのこと。

「in3D: 3D body scanning」は、iOS系端末とWebブラウザから利用可能のアプリです(アプリ内課金あり)。スマートフォン版の場合、身体をスマートフォンから全身スキャンすることで、ユーザー本人のアバターを作成できます。作成した3Dモデルにアニメーションを設定して遊べる機能もあります。ARで自由な場所にアバターを表示することも行えます。

また、アプリページによれば、アバターを「グランド・セフト・オートV」や「VRChat」にインポートすることも可能とのことです。

🚀Today we are launching a 3D virtual fitting room with Replicant Fashion house. 30+ designers, 60+ looks. Try them on your digital copy!

🌐 https://t.co/rASs3rEW6h (on desktop)
🌐 https://t.co/3rAtTyhCWY (iPhone) pic.twitter.com/UaM6WfxFrQ

— Dmitry Ulyanov (@DmitryUlyanovML) August 10, 2021

(参考)Twitter

タイトルとURLをコピーしました