「月刊ムー」監修のバーチャルオカルトアイドルグループが登場

未分類
この記事は約2分で読めます。

8月16日(月)バーチャルオカルトアイドル∴ [yueni]が登場しました。YouTubeとTwitterにはデモムービーらしき意味深な動画が投稿されています。監修担当欄にはオカルト雑誌として有名な「月刊ムー」の表記がありました。

You Tubeの動画概要欄によれば、このアイドルグループは「∴ [yueni project ]」というプロジェクトによるもので、オカルトで世界をハックし、インターネット黒魔術、デジタルバグ、バーチャルUMAなど、現代によみがえるオカルトをPOPカルチャーと掛け合わせて布教していくと説明されています。

所属メンバーは「ミミ、タタ、ネネ」の3名で、失われた謎と好奇心を取り戻すため、アカシックレコードの意思により結成。音楽、ラジオ、物語、ファッション、様々な活動を通してオカルトをアップデートしていくとのこと。キャラクターデザインを米山舞氏、テーマ楽曲をケンモチヒデフミ氏が担当しています。

バーチャルオカルトアイドル
∴ [yueni] はじまり。

Illustration / Charactor Design – @yoneyamai
Main Theme Produce – @h_kenmochi
Supervised – @mu_gekkan#yueni_project pic.twitter.com/ZrvsHaR5jn

— ∴ [yueni] (@YUENI_project) August 16, 2021

今後具体的にどういった活動を行っていくのかは不明ですが、「月刊ムー」が関わっていることから、かなりディープなオカルトが関わってくることが予想されます。これからの展開に期待が高まります。

YouTubeチャンネルはこちら。
https://www.youtube.com/channel/UCTz_hx6kZ82mTBAdFjvleDA

(参考)Twitter

タイトルとURLをコピーしました