インドのEdTech大手がARプラットフォーム企業を買収、AR活用の学習プログラム開発狙う

未分類
この記事は約2分で読めます。

インドの大手オンライン学習企業Byju’sは、同国内のARスタートアップWhodatを買収しました。ARを活用した、没入感の高い学習プログラム開発が目的と見られます。買収総額は非公表です。

製品ロードマップの展開加速へ

Byju’sはエドテック(EdTech、教育×テクノロジー)分野で同国最大とも言われ、初等教育から専門教育まで幅広いオンライン学習を提供しています。一方Whodatは2013年創業で、コンピュータービジョンをベースとしたARプラットフォームが専門。マーカー不要のARアプリ等を実現しています。

今回の買収についてByju’sは「製品ロードマップの展開を加速し、没入感のある教育プログラムを提供するものである」と語りました。買収に伴い、Whodatの人員や技術は全てByju’sに移管されます。

XR×教育分野の動向

AR/VRの教育産業での活用は、引き続き活発な動きを見せています。

VR教育プラットフォーム「ENGAGE」収益が前年比大幅増、フェイスブックや米国国務省でも導入 | Mogura VR

VR教育プラットフォーム「ENGAGE」収益が前年比大幅増、フェイスブックや米国国務省でも導入 | Mogura VR

MoguraVR

インドの「ARおもちゃ」企業が年率150%の急成長、資金調達でさらなる拡大目指す | Mogura VR

インドの「ARおもちゃ」企業が年率150%の急成長、資金調達でさらなる拡大目指す | Mogura VR

MoguraVR

新潟のNSGグループとドコモが教育領域で協業、5GやXRを活用したデジタル教材を作成 | Mogura VR

新潟のNSGグループとドコモが教育領域で協業、5GやXRを活用したデジタル教材を作成 | Mogura VR

MoguraVR

(参考)Business Today

タイトルとURLをコピーしました