キヤノンITSが「MREAL」システムの新ソフトをリリース、位置合わせ機能の精度向上やUI改善

未分類
この記事は約2分で読めます。

キヤノンITソリューションズ株式会社は、2021年7月16日、MR(Mixed Reality、複合現実感)システムの基盤ソフトウェアの新バージョン「MREAL Platform 2021」をリリースしました。検証精度の向上や低価格化により、製造現場におけるものづくりを支援するとのこと。

キヤノンのMRシステム・MREAL

「MREAL」は現実に3DCGを重ねて表示するMR技術を用いた、キヤノン独自の映像技術。ヘッドマウントディスプレイ(HMD)であるMREAL Display各種、MREAL対応表示アプリケーション、その他デバイスを接続する基盤ソフトウェア・MREAL Platformシリーズで構成されています。自動車メーカーをはじめとする製造業において、デザインや設計データの試作回数を減らすことで、コスト削減を可能にする業務支援ツールとして活用されているとのことです。

MREAL Platformシリーズの機能として例えば、手軽さや精度などの目的や利用シーンに応じた位置合わせ機能による環境構築が可能です。また、マスキング機能により現実の物体とCGの位置関係を正しく描画することができます。手の色をマスキングすることで手を隠すことなくCGが描画されたり、CGと現実物を正しい前後関係で表示することができます。

MREAL Platform 2021による機能向上と低価格化

MREAL Platform 2021は、位置合わせの強化やマスキング精度の向上により、検証精度が大幅に強化されています。さらにユーザーインターフェースが簡易化されたことにより、初期設定時間の短縮、マニュアル閲覧の手間の削減も期待されます。また4K USBカメラへの対応や、HMDを付けている人が見ている映像を外部ディスプレイに表示できるようになりました。

MREAL Platform 2021では機能モジュールを8分割しています。そのため、サブスクリプションライセンスと併せて、必要な機能や期間で組み合わせ可能となっており、システムの低価格化が進められています。

(参考)ニュースリリースMREAL Platform シリーズ

タイトルとURLをコピーしました