バーチャル配信アプリ「REALITY」 全世界62の国と地域に配信を拡大

未分類
この記事は約2分で読めます。

REALITY株式会社は、バーチャルライブ配信アプリ「REALITY」の配信地域を62の国と地域に拡大したと発表しました。今回、ドイツ、フランスなどのEU圏とイギリスを加えた地域でもアプリの使用が可能となり、アクティブ配信者数は前年同期比約600%増加。約75%が海外からの利用となったと説明しています。

「REALITY」は、これまでも海外での配信も積極的におこなっており、2020年にタイ、ブラジル、ベトナム、韓国などで配信を開始し、2021年にはアメリカ、ロシアなどへ配信地域を拡大していました。

2021年2月の時点で、にアクティブユーザーの64%が海外からの利用者になったと発表されており、MoguLive編集部が取材したユーザーインタビューでもアジア圏を中心に海外ユーザーの交流が進んでいることが分かっています。

バーチャルアプリ「REALITY」海外向けサービス発表で国際交流は活発化するか? | Mogura VR

バーチャルアプリ「REALITY」海外向けサービス発表で国際交流は活発化するか? | Mogura VR

MoguraVR

株式会社REALITYは「今後も日本を含めたグローバルな事業展開を更に加速していきます」と発表しており、さらなる言語圏への配信が期待されます。

配信アプリ「REALITY」 現実の景色とアバターを合成する画像機能を実装 | Mogura VR

配信アプリ「REALITY」 現実の景色とアバターを合成する画像機能を実装 | Mogura VR

MoguraVR

REALITY・clusterが連携 スマホで作ったアバターでワールド参加可能に | Mogura VR

REALITY・clusterが連携 スマホで作ったアバターでワールド参加可能に | Mogura VR

MoguraVR

(参考)プレスリリース

タイトルとURLをコピーしました