VRの野球ゲームが発売! 選手にもアナウンサーにもなれる!?

未分類
この記事は約2分で読めます。

7月8日、SteamとOculus Store(Quest / Rift)で新作VRゲーム「TOTALLY BASEBALL」が発売されました。価格はSteamが税込1,520円、Oculus Storeが税込1,490円です。対応ヘッドセットはValve Index、HTC Vive、Oculus Rift(Rift S)、Windows Mixed Reality、Oculus Quest(Quest 2)。日本語には未対応です。

Totally Baseball Oculus Quest Teaser
Totally Baseball is coming to Oculus Quest: for the latest VR trailers & clips:

「TOTALLY BASEBALL」はVRで野球が楽しめるゲームです。プレイヤーはピッチャー、バッター、野手のいずれかのポジションに付き、ライバルチームとの試合を展開していきます。現実の野球同様、投球、バッドを振るといった操作があります。

ルールは現実と同様です。バッターや投手に走る必要が出てきたときはコントローラを上下に激しくシェイク! 本物の野球さながらのいい汗がかけそうです。

ピッチャーの投球の種類も豊富で、コントローラを大きく触れない方向けの「ハンドキャノン」機能を搭載。基本を学ぶチュートリアルや練習モードもあるので、VRゲームに慣れていない人でも安心です。

また実況アナウンサー、中継ディレクターという試合を観戦する側のポジションにもなれます。実況アナウンサーは腕を振りながらパフォーマンスを決め、会場を盛り上げる役割を担当。中継ディレクターはテレビ中継の試合模様を伝えるために複数のカメラに切り替え、視聴者を盛り上げます。

現時点ではシングルプレイのみですが、今後のアップデートでマルチプレイヤーモードが追加予定。チーム、スタジアム(グラウンド)も順次追加されていく模様です。

野球好きはもちろんのこと、アナウンサーとディレクター役に興味を抱いた人には注目の新作です。

ソフトウェア概要

タイトル

TOTALLY BASEBALL

発売・開発元

VIEWER READY

対応ヘッドセット

Valve Index、HTC Vive、Oculus Rift(Rift S)、Windows Mixed Reality、Oculus Quest(Quest 2)

プレイ人数

1人(※今後、マルチプレイヤーモードが追加予定)

価格(税込)

1,520円(Steam)、1,490円(Oculus Store:Quest / Rift

(参考)UploadVR、Steam、Oculus Store

タイトルとURLをコピーしました