Googleマップの屋内ナビゲーションが強化 JR東日本の主要駅などで順次開始

未分類
この記事は約1分で読めます。

7月5日(月)から、東京駅や渋谷駅などJR東日本の主要駅や商業施設で、スマートフォンアプリの「Googleマップ」のインドアライブビューが順次開始されます。

インドアライブビューは、AIで数百億枚のストリートビュー画像をスキャンすることで、ユーザーが向いている方向を特定するグローバル ローカライゼーションという技術を活用。これにより、建物内でも正確な高度と位置を判別可能になります。

空港や駅などでインドア ライブビューを利用すれば、矢印で正しい方向を確認し、最寄りの改札口や切符売り場、トイレなどの場所が分かります。例えば、複数階から構成されるターミナル駅でも実際の駅構内の様子をもとに乗換までの経路を確認できるそうです。

またショッピングモールでは、行きたい店舗のある階とそこまでの経路を確認して、階段やエレベーターでの昇降経路も含めて、わかりやすく道を案内してくれるそうです。

インドアライブビューが使える駅の一例:( JR 東日本 ) 東京駅、新宿駅、渋谷駅、品川駅、上野駅、池袋駅、新橋駅、秋葉原駅、高田馬場駅、五反田駅、恵比寿駅、日暮里駅、中野駅、北千住駅、立川駅、大宮駅、浦和駅

対象施設は今後順次拡大予定とのこと。詳細はこちら。
https://japan.googleblog.com/2021/07/google-jr.html

(参考)公式サイト

タイトルとURLをコピーしました