企業向けVR/ARのThe Glimpse GroupがNASDAQに上場 創業から5年

未分類
この記事は約2分で読めます。

VR/ARプラットフォームを手掛ける米国のThe Glimpse Groupが、NASDAQに上場(NASDAQ:VRAR)しました。企業向けに特化し、子会社を通じて多様なサービス、ソフトウェアを提供しています。

顧客企業は100以上

The Glimpse Groupは2016年創業。傘下に9の子会社を抱え、企業向けにVR/ARのソフトウェアやサービスを提供しています。対象業界は医療から製造業、小売りと幅広く、また内容も従業員教育、マーケティング、バーチャルイベントなど多岐にわたります。

公式サイトによれば、クライアント・パートナーにはインテル、「Snapchat」のSnap、CHANEL(シャネル)らが名を連ね、顧客企業は100以上に上るということです。

XR業界で続く上場の動き

今回の新規株式公開(IPO)により、The Glimpse Groupはおよそ1,410万ドル(約15.5億円)の資金を調達しました。

XR関連では、2021年2月には3DスキャンのMatterportがSPAC(特別買収目的会社)を使いNASDAQに、4月にはVRを組み合わせた手術用ロボットのVicarious Surgicalが同じくSPACでニューヨーク証券取引所へ上場しました。The Glimpse Groupの上場は、これに次ぐニュースとなります。

3DスキャンのMatterportがNASDAQ上場、利用者急増中 | Mogura VR

3DスキャンのMatterportがNASDAQ上場、利用者急増中 | Mogura VR

MoguraVR

VR×手術ロボット企業がニューヨーク証券取引所に上場、VR関連2社目のユニコーンに | Mogura VR

VR×手術ロボット企業がニューヨーク証券取引所に上場、VR関連2社目のユニコーンに | Mogura VR

MoguraVR

(参考)GlobeNewswire

タイトルとURLをコピーしました