コロナ禍の孤独・憂鬱にVRやロボットを 専門家が提言

未分類
この記事は約2分で読めます。

IEEE (Institute of Electrical and Electronics Engineers)は、コロナ禍で生まれる孤独感や憂うつ感に対し、ロボットやVR技術を活用して解消するという提言を発表しました。

IEEEによれば、技術者や研究者、医療従事者は、新型コロナウイルスの感染拡大により隔離を強いられ、孤独感や憂うつ感をロボットとVRを活用して解消することを模索しています。

VRで人とのつがりを実感し、孤独感を解消

VRに関する提言は以下の通りです:

IEEEのメンバーJonathan Gratchは、VRはビデオ会議と比較し、実際にその場所で人と会っているように感じられることにより、物理的存在感と社会的存在感の両方が高まることが分かっている、とコメント。また、社会的交流の観点で、VRは社会的合図(ソーシャルキュー)の断絶を解決するために役立つ、とのこと。

同じくIEEEのメンバーTodd Richmondは、「VRは通常のスクリーン越しのインタラクションよりも強い没入感をもたらし、VR空間で共有することは、”そこにいる”という感覚を得るためにとても効果的です」とコメントしています。

続けて同氏は、今後VR/ARデバイスが普及することで、より多くの人が体験を試すことが可能になり、技術開発の促進と必要な新しい社会規範の構築に役立つ、としています。

(参考) IEEE プレスリリース

タイトルとURLをコピーしました