東京ビエンナーレで「進撃の巨人」のARアートが都内に出現!

未分類
この記事は約3分で読めます。

7月10日(土)から9月5日(日)まで開催される国際芸術祭「東京ビエンナーレ2020/2021」で、ARを活用した多数のアートが展開されます。ソフトバンク提供のサービス「AR SQUARE」を使えば、丸の内、有楽町、神田などに設置される特定エリアで鑑賞可能です。

「進撃の巨人」のARアートが登場予定

国際芸術祭の期間中、東京駅周辺で人気漫画作品「進撃の巨人」のARアートが登場。3D都市モデルプロジェクト「PLATEAU」のデータを活用し迫力ある作品を楽しめるとのこと。公式プレスでは「『進撃の巨人』の歴史的な年に、巨人の世界を現実に拡張させることで、東京の日常的な風景を『見なれぬ景色』に変え、訪れた方々との予期せぬ出会いを生み出す」と説明しています。制作するのは、ARクリエイターグループの「AR三兄弟」です。

他にも、「見なれぬ景色へ —純粋×切実×逸脱—」をテーマに、さまざまなARアートが登場。一部は無料で鑑賞できます。

詳細はチケットページを確認ください。

他AR作品紹介

「TOKYO BUDDHA」

横浜トリエンナーレの会場に突如として出現したバッタの作品等、社会に対しユーモアとアイロニーを込めたインパクトの強い作品で知られる現代美術家の椿昇は、東京のオフィスビルにブッダを出現させる。

椿昇とAR三兄弟がコラボレーションするARアートイメージ画像

「Small Mountain in Tokyo」

幼少期から山に囲まれて育った山縣良和が、いつからか東京の風景に山があればいいのにと思うようになったことから着想を得た。かつて御茶ノ水駅周辺にあり、江戸時代に日比谷の入江を埋め立てるために切り崩された神田山を、2021年夏にARによって再出現させる試み。

山縣良和とAR三兄弟がコラボレーションするARアートイメージ画像

「ビルクライム」

建築家の千葉学は自転車に着目し、新たに広がる未来の都市計画の構想を提案。AR技術によって実世界と重なり合う未来の都市の姿が体験できる。

《Buil.climb》2020 既存のKK線上に、都市を縫うように展開するビルクライム。

「DOMMUNE | THE 100 JAPANESE COMTEMPORARY ARTISTS」

トーク&DJ;ライブを全世界に発信し続ける日本初のインターネットストリーミング局DOMMUNEを主催する宇川直宏は、DOMMUNEスタジオで日々産み出される番組の撮影行為、配信行為、記録行為を、自らの“現代美術”作品と位置づけている。アーティスト・インタビュープロジェクト「THE 100 JAPANESE COMTEMPORARY ARTISTS」を今回の東京ビエンナーレではseason7として展開し、前衛芸術家「ダダカン」こと糸井貫二氏のパフォーマンスをAR作品として提示する。

宇川直宏とAR三兄弟がコラボレーションするARアートイメージ画像

「私はピクニックをしている子犬だと思う? 1990~2021」

韓国を代表する現代アーティストとして国際的に活躍するイ・ブルが、1980年代末に始めたパフォーマンスをAR作品として展開。自身が制作した彫刻を身にまとい、都市への介入を試みるパフォーマンスが、現在の東京の街に浮かび上がる。

(参考)プレスリリース

タイトルとURLをコピーしました