アップルが複数のVR/AR関連特許を取得、光の方向認識やデータ送信関連で

未分類
この記事は約2分で読めます。

2021年6月22日、アップルが米国特許商標庁(USPTO)に出願していた、AR/VR関連と思われる特許が新たに確認されました。特許の正式名称はパノラマ式ライトフィールドキャプチャ、プロセス、ディスプレイ(Panoramic light field capture, processing, and display)」。ARなどの使用時に、カメラが光の向きを認識し、複数のオブジェクトの位置を記録することを目的とした技術です。

2020年現在のAR技術では、3Dイメージを固定されたモニター等で見る際、ユーザーの位置が認識された後に上下左右を見回すことはできるものの、(オブジェクトの場所を固定した状態で)近づいたり、見て回ったりできるデバイスは限られています。今回のアップルの特許は、その問題を改善するもの。特許の文章内にHMDという文言があることから、VRでの活用も構想されていると思われます。

データ送信に関連すると思われる特許も確認

アップルは「Video pipeline」と命名された特許も取得しています。iPhoneやHMDといったデバイスでキャプチャーされたデータを、ワイヤレスで他のデバイスに送信するシステムです。性能に限界のあるスタンドアロンのシステムから、より強力な処理能力を持つハードウェアに送信することが想定されています。

アップルの新たなVR関連特許が判明。ヘッドセットの固定をスムーズに? | Mogura VR

アップルの新たなVR関連特許が判明。ヘッドセットの固定をスムーズに? | Mogura VR

MoguraVR

"アップルカー"に搭載されるかも? AR速度表示や空間把握関連特許の取得が判明 | Mogura VR

"アップルカー"に搭載されるかも? AR速度表示や空間把握関連特許の取得が判明 | Mogura VR

MoguraVR

(参考)AppleInsider

タイトルとURLをコピーしました