N高・S高 VR教育プログラム始動 2,341本の授業が体験可能に

未分類
この記事は約1分で読めます。

4月7日(水)角川ドワンゴ学園 N高等学校とS高等学校が、令和三年度の入学式をVR空間内で実施。VR技術を活用した「普通科プレミアム」が開始されます。

普通科プレミアムを受ける生徒は約4,000名。新入生の約4割が、普通科プレミアムを選択。履修可能な授業6,984本のうち、VR空間で履修できるのは2,341本で、全体の33.5%がVRに対応しています(2021年4月1日時点)。


(入学式の会場となる「学びの塔」、建築家の隈研吾氏が設計)

今回、N高・S高ではじまるVR授業プログラムは、学校から対象学生に配布されたVRヘッドセット「Oculus Quest 2」を利用して、バーチャルアプリ「バーチャルキャスト」で授業を受講できます。ワークショップや英会話や面接などの練習をバーチャルで行うことで、コミュニケーション力も強化できると説明しています。

VR授業プログラムは、学習アプリ「N予備校」でも一般会員に提供され、1,000本以上の授業が受講できます。

N予備校 VR技術を活用した授業プログラムを一般会員に提供開始 | Mogura VR

N予備校 VR技術を活用した授業プログラムを一般会員に提供開始 | Mogura VR

MoguraVR

バーチャルキャスト×角川ドワンゴ学園のVR学習プラットフォーム開設 | Mogura VR

バーチャルキャスト×角川ドワンゴ学園のVR学習プラットフォーム開設 | Mogura VR

MoguraVR

(参考)プレスリリース

タイトルとURLをコピーしました