ポケモンGOをARデバイスで体験、ナイアンティックがデモ映像公開

未分類
この記事は約3分で読めます。

マイクロソフトとナイアンティックは、MRデバイス「HoloLens 2」を使い、同社の人気スマートフォンゲーム「ポケモンGO」をMRデバイスで体験する実証デモを公開しました。

We’re thrilled to collaborate with @microsoft & @hololens on new experiences that will weave together the digital and physical world. Check out this proof-of-concept demo, built on our planet-scale platform, and the amazing possibilities that could await. https://t.co/ig0bQUIQ8b pic.twitter.com/gGk5djVayC

— Niantic, Inc. (@NianticLabs) March 2, 2021

このデモは、Microsoftが開催している開発者向けイベントMicrosoft Igniteで発表されたもの。HoloLensの開発を率いるMicrosoftフェロー、アレックス・キップマン氏の講演の中でナイアンティックCEOであるジョン・ハンケ氏が登場し、「ユーザー向けには提供されない実証デモ」とことわりを入れたうえで披露しました。 このデモでは、Microsoftが発表した「Mesh」というプラットフォームが使用されています。このMeshにより、ポケモンが現実世界に現れ、他のプレイヤーとその様子を共有することが可能になっています。

今回のデモはユーザー向けに提供されるものではなく、MRデバイスでのプレイを検証するための実験用のデモであることが強調されていました。しかし、以前よりナイアンティックは「地球規模のARの実現」を掲げ、プラットフォーム構築に取り組んでいます。操作方法等は全く異なる可能性がありますが、いずれ一般向けのAR/MRデバイスでも、今回示されたような体験が可能になるかもしれません。

Nianticは、AR(拡張現実)には近所の散歩や地元のお気に入りスポットを訪れる機会を促すなど、日常の生活をより豊かにし、外に出て人々がつながることを促すパワーがあると信じています。また、このようなことができることがARテクノロジーの一番の魅力であり、人々やコミュニティへの貢献になると考えています。

これまで、技術を通して、Nianticならではの瞬間や思い出となる機会を提供してきました。現在は、次世代のARハードウェアを通してさらに多くの地球規模の体験を提供できるように努力を続けています。とはいえ、ARはまだ初期段階にあり、今後、情報や体験を重ね合わせることでコンピューター分野を新しいステージへと押し進めることができるはずです。ARのこの変化は時と共に起こると思われますが、ソフトとハードの双方における基礎作りはすでに始まっています。

(中略)

現在、ARはまだ第一段階ではありますが、これからの数年間にはコンピューターの分野でARがますます重要なものになる事柄が起きてくると信じています。先頭に立ってこの新しい分野を切り開いていくことを楽しみにしています。

(※ナイアンティック公式ブログより、CEOジョン・ハンケ氏の言葉を引用)

(参考) Niantic Blog, Road to VR

タイトルとURLをコピーしました