あのテスラも採用、急成長中のVRトレーニング企業が1,800万ドル調達

未分類
この記事は約2分で読めます。

米国のスタートアップInterplayは、シリーズBラウンドで1,800万ドル(約19.2億円)の資金調達を行いました。Owl Ventures、The Venture Reality Fundといった複数のベンチャーキャピタルが参加しています。Interplayは資金を元に、バーチャルトレーニングの開発をさらに進め、新しい市場を開拓します。

利用者は前年の4倍超、テスラなども採用

Interplayは2016年創業。専門知識を要するワーカー向けのバーチャルトレーニング「SkillMill」を開発しています。対象分野は、空調システム、配管、電気設備など多岐にわたります。コンテンツでは、専門家のレクチャーを受けながら、小テストなどをクリア。いずれも学習者が実際に手を動かして学び、その業務に必要な知識を習得できる内容です。

HVAC Rooftop Unit 3D Simulation Video | Interplay Learning
It’s always #trainingseason with SkillMill™. This week we're featuring one of our 3D HVAC courses to show you what the future of skilled trades training look...

学習プラットフォームはVRヘッドセットだけでなく、PCやスマートフォン、タブレット端末にも対応。管理者が学習状況を確認するシステムも備えています。

CEOのDoug Donovan氏によると、新型コロナウィルスの流行を受け、同社ソリューションの利用は拡大中とのこと。利用数は前年比で445%増。2021年2月現在、クライアントはRheem Manufacturing、テスラなど2,000社以上に上り、この2社を合せると月間で15,000人がInterplay のトレーニングプラットフォームを利用しています。

「バーチャルトレーニング」分野は急拡大中

なおバーチャルトレーニングの分野には競合も多く、2020年だけでもStrivr、Talespin、TRANSFRVRといったスタートアップが大型資金調達を行っています。

拡大する"VRトレーニング" 米企業が32億円調達、実施事例は150万件以上 | Mogura VR

拡大する"VRトレーニング" 米企業が32億円調達、実施事例は150万件以上 | Mogura VR

MoguraVR

AR/VRトレーニングのTelespinが1,500万ドル調達、さらなる活用進む | Mogura VR

AR/VRトレーニングのTelespinが1,500万ドル調達、さらなる活用進む | Mogura VR

MoguraVR

米VRトレーニング企業が1,200万ドル調達、大手企業や学術機関でも導入 | Mogura VR

米VRトレーニング企業が1,200万ドル調達、大手企業や学術機関でも導入 | Mogura VR

MoguraVR

(参考)VentureBeatInterplay Learning Interactive Training

タイトルとURLをコピーしました