Webブラウザから使えるVRお絵描きアプリ「Silk Brush」公開。OSSとなった「Tilt Brush」派生

未分類
この記事は約2分で読めます。

オープンソース化されたVRお絵描きアプリ「Tilt Brush」を、WebXR対応ブラウザで使用できる派生アプリSilk Brushが公開されました。Tilt Brush同様のお絵描きに加え、公式ページではSilk Brushで制作したスケッチやモデル、スナップショットをダウンロードすることも可能です。

Silk BrushはWebXR対応ブラウザからアクセスし「VR」を選択することで利用可能。またOculus Quest(オキュラス クエスト)の場合は、同デバイスのOculus Browserから公式ページにアクセスすることで使用できます。

オープンソース化によって生まれた「派生アプリ」

「Tilt Brush」はVR空間上でのお絵描きができるアプリ。2016年にグーグルから公開され、PCVR版のほか、Oculus QuestやPlayStation VR版もリリースされました。しかし2021年1月末、グーグルによる積極的な開発の停止が宣言され、オープンソース化が行われています。

グーグルがVRお絵描きアプリ「Tilt Brush」をオープンソース化 | Mogura VR

グーグルがVRお絵描きアプリ「Tilt Brush」をオープンソース化 | Mogura VR

MoguraVR

今回登場した「Silk Brush」は、このオープンソース化された「Tilt Brush」をベースにした派生アプリのひとつです。米メディアRoad to VRによれば、Oculus Quest 2ではパフォーマンスの問題が多少発生するものの、Oculus Link経由で利用した場合は安定するとのこと。

VRお絵描きアプリ「Tilt Brush」、オープンソース化で派生アプリが次々登場 | Mogura VR

VRお絵描きアプリ「Tilt Brush」、オープンソース化で派生アプリが次々登場 | Mogura VR

MoguraVR

(参考)Road to VR

Mogura VRはRoad to VRのパートナーメディアです。

タイトルとURLをコピーしました