アップルが新たなARアプリをリリース、「Apple TV+」のSFドラマ題材に

未分類
この記事は約2分で読めます。

アップルは、スマートフォン向けARアプリ「For All Mankind: Time Capsule」をリリースしました。同社の動画サービス「Apple TV+」で配信されているSFドラマ「フォー・オール・マンカインド」を題材にしています。

「フォー・オール・マンカインド」は、アメリカとソ連の宇宙開発競争が1960年代以降も続いている世界を描いたドラマ。2019年に配信がスタートし、2021年2月19日からシーズン2が公開予定です。

ファン必見、「フォー・オール・マンカインド」シーズン1を振り返ろう

今回リリースされた「For All Mankind: Time Capsule」は、シーズン1の展開を振り返れるアプリです。体験時間は約45分。海外メディアのGearbrainは、iPhone 12 Proを使用してARアプリを体験した場合、「LiDARセンサーも動作し、非常に良好な体験ができた」とのこと。アップルによれば、アプリ内の一部シーンは、センサーが搭載されているモデル(iPhone 12 Pro、12 Pro Max、 iPad Pro 2020)でのみ体験できると説明しています。

For All Mankind — Time Capsule: A New AR App | Apple TV+
"For All Mankind: Time Capsule" is a new augmented reality (AR) experience that brings the world of the popular Apple TV+ series "For All Mankind" right into...

「iPhone 12 Pro」、「iPhone 12 Pro Max」はLiDAR搭載、AR機能強化 | Mogura VR

「iPhone 12 Pro」、「iPhone 12 Pro Max」はLiDAR搭載、AR機能強化 | Mogura VR

MoguraVR

(参考)Gearbrain

タイトルとURLをコピーしました