WFS VTuberクラウドファンディングを支援する特別プログラム開始

未分類
この記事は約2分で読めます。

ファンコミュニティ・プラットフォーム「Fanbeats(ファンビーツ)」の運営を行うWFSが、VTuberのクラウドファンディングを支援する特別プログラムの提供を開始しました。

これまで「Fanbeats(ファンビーツ)」では、VTuber向け特別プログラムの第一弾として「Vtuber天開司オリジナル音楽アルバム制作」を実施。目標金額に対し343%という支援を達成しています。その実績を元にグリーグループが持つサービスやノウハウを駆使した特別プログラムとして提供される予定です。

VTuber向け特別プログラムとは?

クラウドファンディングを開始すると、VTuber業界に詳しい運営経験者によるコンサルタントを無料で受けられるとのこと。また、自分のアバターを3D化したいという目標の応援にも対応しています。さらに、クラウドファンディングの参加者限定でオンラインライブを開催できる「Fanbeats Online Live」が提供されます。

初期費用や月々の固定費は、0円でスタート可能。手数料は5%から(別途、決済手数料5%)案件単位で提案されます。(※初期費用0円の対象はサービス利用料、振込手数料あり)

クラウドファンディングを実施したアカウントをそのまま使い、無料で月額ファンクラブの開設できます。継続的な販促ツールとしてメールマガジンの配信機能も無料で提供されます。

詳細は特設サイトを確認ください。
© Fanbeats
(参考)プレスリリース

タイトルとURLをコピーしました