「VR銃型コントローラー」開発企業が約4億円調達、一般ユーザー向けに乗り出す

未分類
この記事は約2分で読めます。

VRガンコントローラーを手掛けるStriker VRは、400万ドル(約4億2,000万円)の資金調達を発表しました。資金は一般向けに販売することを想定した新型ガンコントローラーの開発に使用されます。

Striker VRはVR体験施設向けのガンコントローラーの開発を手がけています。同社のコントローラーは触覚フィードバック機能を搭載しており、よりリアルなプレイ感覚を実現しますが、その代償として費用は高めに。それゆえか、一般ユーザーを販売対象としていませんでした。

2021年2月現在、今回の出資の詳細な条件などは明らかになっていませんが、Striker VRは“戦略的な資金調達”と説明。スタッフの数を2倍に増やす計画を公表しています。

PC向けとOculus Questの双方に対応予定

公開されたコンセプト画像からは、SF色の強いデザインが確認可能。銃の先端付近にある円形の部分はトラックパッドと思われます。価格については「今の時点では確定していないものの、500ドル以下を目標にしている」とのこと。

Striker VRによれば、新型コントローラーは、PC向けVRヘッドセットとOculus Quest(オキュラス クエスト)の両方に対応予定です。

VR用触覚付きガンコントローラーのプロトタイプが発表 | Mogura VR

VR用触覚付きガンコントローラーのプロトタイプが発表 | Mogura VR

MoguraVR

米軍軍事演習用に開発された触覚技術 マシンガンの重厚さを再現 | Mogura VR

米軍軍事演習用に開発された触覚技術 マシンガンの重厚さを再現 | Mogura VR

MoguraVR

(参考)Road to VR

Mogura VRはRoad to VRのパートナーメディアです。

タイトルとURLをコピーしました