HTC「VIVE Cosmos」がアプデ、パフォーマンス等改善へ

未分類
この記事は約1分で読めます。

HTCは、VRヘッドセット「VIVE Cosmos」向けのパフォーマンスアップデートを配信しました。CPU使用率などを低減し、より快適な体験を提供します。

VIVE Cosmosは、HTCが2019年にリリースしたVRヘッドセット。インサイドアウト方式のトラッキングを採用しています。Lighthouse規格に対応するトラッキング用フェイスプレートが装着されたVIVE Cosmos Eliteも販売中です。

今回のアップデートでは、NVIDIA製のGPUでの「DirectX 12」使用に対応。CPU使用率が15%~20%削減され、レイテンシも10%ほど削減します。

また、HTCによれば、ランタイムをリファクタリングすることで、グラフィックパフォーマンスが10%向上したとのこと。プレイエリアの境界を知らせる「Chaperone(シャペロン)」システムの処理も改善されているようです。

2021年は"オールインツー"ヘッドセットの時代? HTC幹部がVR業界の動向を予測 | Mogura VR

2021年は"オールインツー"ヘッドセットの時代? HTC幹部がVR業界の動向を予測 | Mogura VR

MoguraVR

HTCのリモートワーク支援バンドル「VIVE XR Suite」がリリース | Mogura VR

HTCのリモートワーク支援バンドル「VIVE XR Suite」がリリース | Mogura VR

MoguraVR

(参考)TweakTown

タイトルとURLをコピーしました