DMM VR labのVRボイスチャットアプリ 早期版リリース

未分類
この記事は約1分で読めます。

1月26日(火)、DMM VR lab開発のVRコミュニケーションアプリ「Connect Chat」が、アーリーアクセスとして無料リリースされました。好きなアバターの姿となって、他のユーザーと会話やジェスチャーで交流できます。対応ヘッドセットはVALVE INDEX、Oculus Rift S、HTC Viveなど。

このアプリは、ハンドジェスチャーや表情、口の動きなどを操作でき、自分がVR空間で話しているかのような体験が可能です。DMM VR ConnectにVRM形式のアバターを登録すれば、アプリでも利用できます。

パブリップルームとプライベートルームの2会場があり、VR初心者でも簡単に利用できる「ワールド」も用意。3Dオーディオ機能も搭載され、距離が近い人との会話がはっきりと聞こえます。

アーリーアクセス版では少人数でのボイスチャット機能を提供。今後はワールドの追加や通信可能人数の増加などを目指すとのこと。ダウンロードはこちら


(自分の好きな姿でコミュニケーションできるのがポイント)


(相手との距離が近いと、よりはっきりと会話を聞き取りやすくなります)


(ボイスだけでなく、手を動かしたり表情を変えたりして、相手と交流できます)

(参考)プレスリリース

タイトルとURLをコピーしました