ベセスダが新作VRゲームを準備中か。豪レーティング機関から情報浮上

未分類
この記事は約2分で読めます。

「DOOM」や「Fallout」「The Elder Scrolls」シリーズなどで知られるベセスダ・ソフトワークスが、新作VRゲームを開発中である可能性が示唆されています。

オーストラリアのレーティング機関「Australian Classification Board」によれば、新作タイトルのコードネームは「Project 2021A」。開発は「DOOM」シリーズで知られるid Softwareが担当していること等が、掲載ページから確認できます。オーストラリアでのレーティングは”R 18+”となっているほか、「VR対応」「強い暴力要素」「双方向オンライン(要素)」などの情報も明らかにされています。

「DOOM」の新たなVRタイトルか?

本作は「DOOM」シリーズの最新作「Doom Eternal」のVR版である可能性も考えられますが、現時点での詳細は不明です。

2021年も6月の「E3 2021」や7月の「GDC 2021」といったゲーム関連の催しが開催される予定であり、これらのイベントで「Project 2021A」の正式な情報公開を期待したいところです。

マイクロソフト、Bethesdaなどを傘下に収めるZeniMax買収 VRへの影響は | Mogura VR

マイクロソフト、Bethesdaなどを傘下に収めるZeniMax買収 VRへの影響は | Mogura VR

MoguraVR

【PSVRレビュー】『DOOM VFR』あの名作シューティングゲームがVRに! | Mogura VR

【PSVRレビュー】『DOOM VFR』あの名作シューティングゲームがVRに! | Mogura VR

MoguraVR

(参考)Road to VR

Mogura VRはRoad to VRのパートナーメディアです。

タイトルとURLをコピーしました