VRで身につける 脚立作業時の正しいバランス感覚

未分類
この記事は約2分で読めます。

株式会社積木製作は、脚立作業の危険性を学ぶVRコンテンツをリリースしました。VRと独自開発の脚立を組み合わせて使用することで、作業時の正しいバランス感覚を学べるとのことです。

積木製作はVR開発企業。企業向けのアプリケーション開発のほか、教育プログラム「安全体感VRトレーニング」等を提供しています。「安全体感VRトレーニング」は、建築現場やものづくりに関わる様々な現場をVRで再現する安全教育ソリューションです。

今回、「安全体感VRトレーニング」に追加された「脚立作業の危険性」は、様々な現場での利用される脚立の取り扱い方や作業時の危険行動を学べます。このコンテンツでは「電動ドライバー作業」「蛍光灯の交換作業」「荷降ろし作業」の3種類シチュエーションで学べる体験パートと、正しい作業姿勢を学ぶ講習パートで構成されています。

VRコンテンツは、体験者の身長に合わせて最適化するキャリブレーション機能が実装されており、体験者ごとの個人差を解消しています。

ものづくりの現場を再現する「安全体感VRトレーニング」

「安全体感VRトレーニング」では、これまで建設現場や鉄道現場の事故を体験できるコンテンツなどがリリースされているとのこと。2017年4月に第一弾をリリースして以来、160社以上に導入・活用されています。

ゴンドラ墜落事故をVR体験、安全教育に | Mogura VR

ゴンドラ墜落事故をVR体験、安全教育に | Mogura VR

MoguraVR

墜落や感電を体験、鉄道現場の事故をVRで学ぶ | Mogura VR

墜落や感電を体験、鉄道現場の事故をVRで学ぶ | Mogura VR

MoguraVR

(参考)株式会社積木製作 プレスリリース

タイトルとURLをコピーしました