オランダ発のVR向け触覚グローブ「SenseGlove Nova」発表

未分類
この記事は約1分で読めます。

2021年1月11日、オランダのスタートアップSenseGloveは、CES2021でVR向け触覚グローブ「SenseGlove Nova」を発表しました。

「SenseGlove Nova」は、VRを使用したトレーニングを想定して開発。触覚フィードバックにより、VR内での感触や物体の形状をより明確に感じ取れます。SenseGloveによれば、危険物の取り扱いからプロトタイプのデザインやラーニングまで、様々なVRトレーニングに対応可能とのこと。

グローブは人間の腱筋力システムをベースにしており、オブジェクトのサイズや密度を磁気摩擦ブレーキでエミュレートします。親指から薬指にかけて、各指にそれぞれ4つの磁気摩擦ブレーキを搭載。ブレーキは最大で20Nの力を発生させ、触覚を再現します。

アップルが新たなVR関連特許取得、次は「グローブ型コントローラー」 | Mogura VR

アップルが新たなVR関連特許取得、次は「グローブ型コントローラー」 | Mogura VR

MoguraVR

米軍需企業、軍医向けにVRトレーニング開発 触覚グローブも導入 | Mogura VR

米軍需企業、軍医向けにVRトレーニング開発 触覚グローブも導入 | Mogura VR

MoguraVR

(参考)Forbes

タイトルとURLをコピーしました