ソニーが本気のバーチャルコンサートを制作 今後PSVRなどで体験も計画か

未分類
この記事は約2分で読めます。

ソニーは、2020年1月11日からオンライン開催されている「CES 2021」で、歌手のマディソン・ビアーが出演する、バーチャルコンサート「マディソン・ビアー イマーシブリアリティ・コンサート」を公開しました。

CESは、毎年ラスベガスで開催されている、世界最大規模のエレクトロニクス展示会。10万人以上(2019年は17万5,000人以上)が参加し、展示企業も数千社に達しますが、2021年は新型コロナウイルスの流行により、オンライン開催されることが決定しました。

公開されているメイキング映像では、マディソン・ビアーの3Dモデルが作成される様子や、VRヘッドセットを活用して、バーチャル空間内を確認しながら演技を調整する様子などが確認できます。米メディアVarietyによれば、将来的にPlayStation VRやOculus系のVRヘッドセットを使用して視聴可能になるほか、2D映像版も2021年冬頃に配信される予定とのこと。

マディソン・ビアー イマーシブリアリティ・コンサートの舞台裏
エピック・レコード所属アーティスト、マディソン・ビアーがソニーのテクノロジーとクリエイティビティを融合しデジタルコンサート体験を再定義する。ベライゾンとのコラボにより、没入感あふれる音楽体験を実現。Learn more : #SonyCES #Madison...

音に関しては、配信サービスの開始も予告

ソニーは、他にも自宅にいながら音楽体験をさらに没入感のあるものにしようとする取り組みを手掛けています。立体的な音場を実現する新たな音楽体験「360 Reality Audio」のエコシステムを拡充することもCES2021の前に告知。発表によれば、主要音楽レーベルおよびストリーミングサービスと連携し、アーティストによるライブパフォーマンスのビデオコンテンツ配信サービスを年内に開始する予定とのことです。

AR/VR/MR最新動向を語る「CES2021」報告会、オンラインで1月18日開催 | Mogura VR

AR/VR/MR最新動向を語る「CES2021」報告会、オンラインで1月18日開催 | Mogura VR

MoguraVR

ソニー「360 Reality Audio」の新企画発表 ビデオコンテンツサービスを年内配信 | Mogura VR

ソニー「360 Reality Audio」の新企画発表 ビデオコンテンツサービスを年内配信 | Mogura VR

MoguraVR

(参考)Sony

タイトルとURLをコピーしました