ソニー「360 Reality Audio」の新企画発表 ビデオコンテンツサービスを年内配信

未分類
この記事は約2分で読めます。

1月8日(金)ソニーが立体音響技術を活用した音楽体験「360 Reality Audio」の新たな取り組みを発表しました。今後、立体的な音場に映像を組み合わせたビデオコンテンツの配信や、対応楽曲制作ツール「360 Reality Audio Creative Suite」の共同開発などが行われます。

アーティストと一緒の場所にいるかのような体験ができる配信サービス

取り組みの目玉は「360 Reality Audio」と音楽配信サービスを組み合わせたビデオコンテンツ配信サービスです。リスナーはアーティストによるパフォーマンスをあたかも実際のライブ空間にいるかのような臨場感をもって体験できるそうです。

サービス開始に先立ち、テクノロジーイベント「CES 2021」で、シンガーのザラ・ラーソンによるパフォーマンスが披露されます。1月12日の午前7時より楽曲配信アプリ「Artist Connection」で配信される予定です。

360度の立体的な音楽体験を制作できるツールが登場

ソニーは音楽ソフトウェア開発会社Virtual Sonics社と共同で、対応楽曲制作ツール「360 Reality Audio Creative Suite」を開発。今年1月末よりダウンロードでの発売予定です。

このツールを利用すると、既存の制作プラットフォームを使って簡単に360度の球状に広がる空間で音楽を表現できるようになるとのこと。

CESでは、グラミー賞受賞プロデューサーのキース・ハリス氏が実際にツールを使った対応楽曲を制作するシーンを配信するとのこと。ツールの詳細はこちら(英語サイト)。

また360 Reality Audioに対応したワイヤレススピーカー「SRS-RA5000」、「SRS-RA3000」が今春以降発売予定です。一台のスピーカーで360 Reality Audioの立体的な音場を再現することが可能になるとのこと。今回の情報の詳細はこちら

(参考)ソニー報道資料

タイトルとURLをコピーしました