3Dデータ活用を手軽に、ドイツのスタートアップが180万ユーロ調達

未分類
この記事は約2分で読めます。

ドイツのスタートアップThreedyは、シードラウンドで180万ユーロ(約2.2億円)の資金調達を行いました。同社は、主力サービスである3Dデータプラットフォーム「instant3Dhub」の商用化を進めます。なお今回の出資には、ドイツの官民ベンチャーキャピタルやフラウンホーファー研究機構が参加しました。

欧州最大の応用研究機構からスピンオフ

Threedyは、ドイツに本部を持つフラウンホーファー研究機構のコンピューターグラフィックス研究所からスピンオフした企業です。同社は3Dデータを扱うプラットフォーム「instant3Dhub」を開発、顧客の持つ3Dデータをあらゆるアプリケーションやデバイスに対応させることを目標としています。

企業保有のデータを具体的なアプリケーションに落とし込むためには、複雑な工程が必要です。「instant3Dhub」ではこの工程を簡略化し、データの可視化やVRやARといったアプリケーションでのデータ活用を促進します。同社はユーザーとして、自動車メーカー、航空宇宙産業、エネルギー業界、そしてBIM(Building Information Modeling)データを扱う分野を想定しています。

建築用途などでの3Dデータ可視化に注目

ARやVRを利用した3Dデータの可視化には、これまでにも多くのツールが登場しており、Mogura VRでも下記のような事例を紹介しています。

3Dデータ可視化ソリューション「mixpace」HoloLens 2版が発売 | Mogura VR

3Dデータ可視化ソリューション「mixpace」HoloLens 2版が発売 | Mogura VR

MoguraVR

3Dデータを手軽にVRへ。自動車や住宅などで導入進む「MeshroomVR」 | Mogura VR

3Dデータを手軽にVRへ。自動車や住宅などで導入進む「MeshroomVR」 | Mogura VR

MoguraVR

建築向けVRソフト「SYMMETRY alpha」無料提供が終了 有料版は商用利用が可能に | Mogura VR

建築向けVRソフト「SYMMETRY alpha」無料提供が終了 有料版は商用利用が可能に | Mogura VR

MoguraVR

(参考)FINSMES, Threedy

タイトルとURLをコピーしました