2020年最も輝いたVTuberベスト5発表! MoguLiveアンケート集計結果

未分類
この記事は約4分で読めます。

2020年も様々なVTuberが登場し、大きな活躍を見せました。MoguLive編集部はGoogleフォームにて読者の方にアンケートを実施。その集計結果の中から「今年最も輝いていたVTuber」を発表します。

1位・天開司

投票者のコメント

・「個人、企業、業界を問わず様々な方々に信頼され、多くのファンに愛される理由を持っているから」
・「彼の努力の量は人並みでなく、それを継続し続ける彼を私は尊敬する。その努力の山があったからこそ、結果が出たりファンに嬉しいことが起きたりと好循環に繋がった。彼は主人公だ」
・「オリジナルソングの作成、キズナアイや電脳少女シロとのコラボ、麻雀の多井プロとの共演など天開司の夢とも言える事を数々やり遂げた年だから。その中であったドラマ、作った交遊関係などはVtuber界隈でも随一だと思うから」
・「日頃から活動を追っているからというのが一番の理由だが、2020年はV界で麻雀が流行った年であり、彼もそのブームを作り、盛り上げたキーマンだから」
・「彼を追えば退屈しない」

2位・電脳少女シロ

投票者のコメント

・「Vtuber史上初、映画主演女優の大役を見事果たしたから。Vtuber界隈の可能性がまた一つ拓かれた、大きな出来事だったと思います。」
・「多分初の電気会社を乗っ取ったシロ電気、Vtuberだけの映画の主演、去年も色々あったけどそれよりもすごいことをいくつも成し遂げたから」
・「コロナの影響で活動が不自由になってしまった中、少しでもファンを楽しませようとテレビ収録や自宅からの慣れない生配信、グッズ販売、初の映画主演などを頑張ってくれているから。それに卓越したセンスと守りたくなるような可愛さ、健気さで応援し続けたいと思わせてくれるから。」
・「多くのライブイベントへの参加や、生誕祭における超大規模コラボなど、非常に活躍されていたと思う。特に、主演を務めた映画「白爪草」はコロナ下にありながら大反響を産んだ。VTuberの世界をまた切り拓いたと思う。」
・「映画にテレビと ネットメディアだけでなく 多岐に渡る活躍を最前線で挑戦し続けたシロちゃん ファンとの関係や共演する方々への接し方は どのエンタメにも誇れるまさにプロのエンターテイナーで 誰よりもVtuber界隈を大切にして育ってきた彼女は 私の一番の推しです」

3位・加賀美ハヤト

投票者のコメント

・「にじさんじArkに始まり、3Dお披露目など、とても注目を箱内外から受けていたと思います。好きを貫いて夢を叶えたVtuberの一人だと思います。zeppツアー、ARK戦争の火付け役、3Dお披露目配信など最高に輝いていた一年でした」
・「3Dで自分の夢を実現し、多くの人を魅了し、新しいライブの形としても成立させてしまった」
・「ライブも公式イベントも盛り上げていく熱意と輝き、リスナーに対する真摯な態度や楽しむ姿から、これからも応援したくなるくらい凄さを感じたから」
・「3Dお披露目配信での輝きも勿論のことですが、ライブイベントでのパフォーマンスの凄さや普段の配信の面白さなど沢山の魅力を感じさせてくれたから」
・「3Dお披露目配信は勿論のこと、各種ライブや戦国Arkの立役者にして歌の名手、そして何よりマイナス面を極力見せないエンターテイナーっぷりが光っていました。少年らしさが注目されることが多いですがリテラシーや諸方面への配慮もとにかく素晴らしく、『最新の私が最高』を有言実行する姿に魅了されています」

4位・私立いちご女学園

投票者のコメント

・「ガチ幼馴染の2人の距離感が最高。雑談配信を聞いてるだけで楽しい」
・「気の置けない二人それぞれの立ち位置や発言などのバランスがよく向上心もあり、雑談やゲーム実況意外に攻めた企画を誠意的に行っているところ」
・「彼女たちのコンテンツはアイデアもズバ抜けているが、そもそも真似したくてもパクれない動画内容で一強だと思っている」

5位・舞元啓介

投票者のコメント

・「にじさんじ最強雀士決定戦とにじさんじ甲子園という大規模イベントを主催として成功させ、エンタメを忘れない配信の数々を行い、記念の3D配信、そして自身念願のプロ野球実況も行っており、同じ箱内を盛り上げるだけでなく自身の夢も叶えていたからです」
・「以前からスポーツの同時実況をしたいと言っていた舞元が、パワプロや実際の球団との案件など、VTuberになって様々な夢を叶えることができていたので」
・「活動当初からの夢である「プロ野球の映像付き実況」を叶えただけでなく、いまやビッグコンテンツである麻雀ブームを起こした1人です。一度は引退も考えたおじさんvtuberが最高同接を記録し、夢を叶え、新たなムーブメントを引き起こす姿は間違いなく今年一番輝いていました」

タイトルとURLをコピーしました