火災の熱も再現する「VR防災訓練」、理経が提供

未分類
この記事は約2分で読めます。

株式会社理経とTEGWAY社は、映像に連動して温度を体感できるVRシステムを開発しました。理経が提供する「防災訓練用VR ~火災避難編~」に温感デバイスを組み合わせ、2021年1月から提供開始します。

韓国スタートアップと協力、温度も再現しリアルに

TEGWAY社はVR向け温感デバイス「Thermoreal」を開発する韓国のスタートアップ。「Thermoreal」はVRヘッドセットや腕などに装着することで、VRコンテンツに連動した、熱さや冷たさを再現可能なデバイスです。

今回、理経とTEGWAY社は事業展開に向けた戦略的パートナーシップを締結。映像に合わせて温度を再現するVRシステムを開発しました。

火災避難体験VR
監修:東京理科大学大学院 関澤教授火災時の煙による視界不良を体験できます。

(理経が提供する「防災訓練用VR」)

VRシステムでは「VR内で燃え盛る火に近づくとデバイスは熱くなり、離れると温度は低下する」「複数のデバイスを装着することで、火に近づいた部位のみが熱くなる」、そして「火に近づくほど徐々に熱くなる」といった感覚を再現可能とのこと。デバイスは10~45度の範囲で温度を変更できます。

今後、理経は同社が提供している火災の避難体験以外の安全教育や自動車分野にも、温度体験の要素を追加して展開する方針です。

没入感を高めるVR向けデバイス多数

VRでは視覚や聴覚の他にも、嗅覚や触覚といった別の刺激を与えることで、没入感をさらに高めることができます。これらの様々な感覚を提供するVR向けデバイスの開発は、世界各国の企業が取り組んでいます。

触覚ベスト「TactSuit」予約受け付けがスタート、価格は300ドルから | Mogura VR

触覚ベスト「TactSuit」予約受け付けがスタート、価格は300ドルから | Mogura VR

MoguraVR

VRで違和感のない触覚を実現するために フェイスブックが研究状況を公開 | Mogura VR

VRで違和感のない触覚を実現するために フェイスブックが研究状況を公開 | Mogura VR

MoguraVR

香りだけで味が変わる!? 食べるVRこと「Tasted VR」レポ | Mogura VR

香りだけで味が変わる!? 食べるVRこと「Tasted VR」レポ | Mogura VR

MoguraVR

(参考)株式会社理経 プレスリリース

タイトルとURLをコピーしました