キズナアイ 2ndライブ直前企画実施、「可不」の初オリジナル曲が公開【VTuberデイリーニュース 12/25号】

未分類
この記事は約3分で読めます。

「VTuberデイリーニュース」では、その日に起きた注目のVTuberニュースをピックアップ。読者の皆さんにVTuberの最新情報をまとめてお届けします。

キズナアイ 2ndライブ直前企画実施

12月29日(火)に開催されるキズナアイさんの2ndライブ「Kizuna AI 2nd Live “hello, world 2020”」に向けて、様々な企画が実施されます。

12月26日(土)20:00から、2018年12月に行われた「Kizuna AI 1st Live “hello, world”」の映像をキズナアイさんと一緒に鑑賞する配信が実施。Oculus Venuesでの同時配信も決定しており、OculusのVRヘッドセットから視聴可能です。Oculus Venuesでの配信はこちら

【一緒に盛り上がろう!】Kizuna AI 1st Live “hello, world 2018”【オタク全開!コメンタリー 配信!】
hello, world 2018一緒にみよう!!アーカイブ予定はないのでみんな26日20時に集合!!#キズナアイ #KizunaAI------------------------------------------------------------------------------------------...

また、キズナアイさんが司会の音楽番組「VMZ」の年末特番が12月27日(日)20:00よりプレミア公開されます。キズナアイさんのDJチャレンジやリハーサル秘話、第二弾ゲストの発表などが予定されています。

YouTube
作成した動画を友だち、家族、世界中の人たちと共有

(参考)プレスリリース

花譜ベースの歌唱ソフトウェア「可不」初オリジナル曲公開

バーチャルシンガー花譜さんの歌声をベースにした歌唱ソフトウェア「可不(KAFU)」の初オリジナル楽曲「ナイトルール」が発表されました。人気ボカロPの煮ル果実氏が書き下ろしています。

「可不」はバーチャルシンガー花譜さんの音楽的同位体で、音声創作ソフトウェア「CeVIO AI」とのコラボレーションで誕生しました。「KAMITSUBAKI STUDIO」統括プロデューサーのPIEDPIPER氏によると、「花譜と似ているけど全く違う存在」、「観測者の方々と作品を創る為のプロジェクト」であるとのことです。

10月には歌声のサンプルを使ったアンケートが実施され、5,500件近くの回答が寄せられるなど話題を呼んでいます。

∴KAFU『ナイトルール』- Night Rule【Official】
CeVIO AI「可不」にて楽曲制作しました。「可不」Twitter:「可不」YouTubeチャンネル: 煮ル果実Twitter http...

∴KAFU『ナイトルール』

新曲収穫しました。

Movie buōy(@ryde001)
Mastering 中村リョーマ(@Nakamura_Ryoma)

Youtube:https://t.co/HBZMlAkWsG
niconico:https://t.co/0BSWfx7Erj pic.twitter.com/NpZbgJI9ea

— 煮ル果実 12/25(Fri.)New song (@vinegar_vinegar) December 25, 2020

(参考)煮ル果実 YouTubeチャンネル

にじさんじ 音声サービス「AuDee」にていい部屋ネットとコラボ

音声サービス「AuDee」で、オリジナル音声コンテンツ「爆誕!いい部屋ネット にじさんじ店」が配信されます。

「爆誕!いい部屋ネット にじさんじ店」は、静凛さん&シェリン・バーガンディさんが店舗の研修生として様々な課題に挑戦し、オープンの準備を進めていくという番組。第1回&第2回はゲスト研修生に甲斐田晴さんを招き、キャッチコピーや店内ソングの作成を行うとのことです。

番組はAuDeeの特設ページいい部屋ネットのYouTubeチャンネル、SpotifyのTOKYO FM公式アカウントで聴くことができます。

(参考)TOKYO FM プレスリリース

「あおぎり高校」新人VTuberオーディション実施

VTuberグループ「あおぎり高校」にて、「山黒音玄(やまぐろねくろ)」さんの新人VTuberオーディションが開催されます。応募受付期間は2020年12月25日(金)11:00~1月31日(日)23:59です。

山黒音玄さんはあおぎり高校美術部の部屋にあった動く絵で、いつ、誰に、なぜ描かれたのかなどの詳細は明かされていないとのこと。応募条件には週4回以上の配信が可能なこと、1年以上継続的に配信が可能なことなどが挙げられています。

応募フォームはこちら

(参考)株式会社 Brave group プレスリリース

タイトルとURLをコピーしました