米国警察向け技術企業、VRトレーニング事業を獲得 市場拡大に期待

未分類
この記事は約2分で読めます。

アメリカの警察向け技術を手掛けるWRAP Technologiesは、VRトレーニング用ソフトウェア企業NSENAとの事業譲渡契約を完了しました。両社はVR事業を「WRAP Realityとし、警察向けのVRトレーニングを提供します。

VRトレーニングで交渉術など学ぶ

NSENAのトレーニングは、様々なシーンをVR内で再現し、その場に適した対応を学ぶものです。これまでには、受刑者が仮釈放された場合に実生活を送るためのプログラム等も開発してきました。

NSENAは警察向けのトレーニングに注力しており、コンテンツ数は47にのぼります。開発には現職の警察官も携わり、被疑者を落ち着かせる、争いを解決するといった、様々な場面での対応を学べます。

プラットフォームは、最新のVRヘッドセットにも対応するフレキシブルな仕様。より良い学習のために、指導者がトレーニング環境を制御できるようになっています。

8年後の市場は3倍に

このようなVRトレーニングやシミュレーションの市場は拡大傾向です。2019年に約2,040億ドル(約21.2兆円)だったものが、2027年には約6,010億ドル(約62.2兆円)と、3倍近くに伸長するという調査報告もあります。なかでも警察・軍事は市場の重要なポジションを占めており、VRトレーニングの認知度の向上に伴い、市場の拡大を牽引すると見られています。

警察・軍事分野でのVRトレーニング活用事例はこちらでも紹介しています。

米バージニア州の警察署がVRトレーニング導入、犯人側の視点も学ぶ | Mogura VR

米バージニア州の警察署がVRトレーニング導入、犯人側の視点も学ぶ | Mogura VR

MoguraVR

米軍需企業、軍医向けにVRトレーニング開発 触覚グローブも導入 | Mogura VR

米軍需企業、軍医向けにVRトレーニング開発 触覚グローブも導入 | Mogura VR

MoguraVR

ロシア空挺軍がVRトレーニング導入、自国製品を採用 | Mogura VR

ロシア空挺軍がVRトレーニング導入、自国製品を採用 | Mogura VR

MoguraVR

(参考)GlobeNewsWire

タイトルとURLをコピーしました