フェイスブックがオープンソースのゲームエンジンGodotに資金提供、VR対応進む

未分類
この記事は約2分で読めます。

オープンソースのゲームエンジンGodotの開発元は、フェイスブックのAR/VR関連チーム「Facebook Reality Labs」より資金援助を受けたことを明らかにしました。より充実したVR対応を進め、2021年にはOpenXRの実装といった複数の取組を行う旨も発表されています。

”最高レベルの”VR対応を加速

Godotは、クロスプラットフォームかつオープンソースの2D/3Dゲームエンジンです。2018年のversion 3.0からVR対応を開始、Godot 3.2ではOpenVRやOculusへ公式に対応しており、大半のプラットフォームでVRコンテンツ開発が行えます。

今回の資金援助を受けて、Godotは”最高レベルの”VR対応を加速すると発表しました。具体的には、2021年の取組として下記のような項目を挙げています。

・OpenXRの実装
・Godotの入力システムを、VR固有のアクションに拡大(例:ハンドトラッキング、コントローラーセンサー、コントローラーのボタン)
・グラフィックスAPI、Vulkanの新バージョンへの対応
・AndroidへのVulkan実装(Oculus Quest 2といった一体型VRヘッドセット対応)

現在と同様、これらの新たな機能も無料かつオープンソースで提供されます。

フェイスブックで進むVR/AR事業

Facebook Reality Labsに関するニュースはこちらから。

Oculus Questにフィットネス・トラッカー「Oculus Move」追加、Quest 2の90Hz対応も | Mogura VR

Oculus Questにフィットネス・トラッカー「Oculus Move」追加、Quest 2の90Hz対応も | Mogura VR

MoguraVR

フェイスブックがVR内テキスト入力の研究内容を公開、物理キーボードと近い水準に | Mogura VR

フェイスブックがVR内テキスト入力の研究内容を公開、物理キーボードと近い水準に | Mogura VR

MoguraVR

「現実と区別がつかないレベル」への挑戦……フェイスブック、サウンド関連の研究内容を公開 | Mogura VR

「現実と区別がつかないレベル」への挑戦……フェイスブック、サウンド関連の研究内容を公開 | Mogura VR

MoguraVR

(参考)Godot Engine

タイトルとURLをコピーしました