バーチャルイベントでアバター販売、clusterが法人向け提供開始

未分類
この記事は約2分で読めます。

クラスター株式会社は、同社が運営するバーチャルイベントプラットフォーム「cluster」で法人向けにアバター販売機能の提供を開始しました。法人の主催者は自社イベントに合わせてアバター販売が可能になります。

「cluster」はバーチャル空間に大人数が同時接続できるプラットフォーム。VRライブや発表会などのバーチャルイベントに利用されています。対応機種はPC、スマートフォン(iOS、Android)。PC向けVRヘッドセットを持っている人は、VR体験も可能です。

今回、クラスターは法人向けにアバターを販売する機能をリリースしました。この機能では、ユーザーがバーチャルイベント空間内に設置されるアバター販売エリアで、サービス内通貨(クラスターコイン)を使用してアバターを購入することが可能です。購入後はその場でアバターに着替えることができます。クラスターは一般向けもアバター販売機能の展開を検討しています。

なお、12月18日に開催される「ClusterGAMEJAM2020 in WINTER」開会式にて、アバター販売機能を利用したテスト販売が実施される予定です。

遠隔からイベントに参加可能なバーチャルイベント

コロナ禍で現実のイベント開催が難しい状況の中、開催の場をリアルからオンラインへと置き換えたバーチャルイベントが増えつつあります。バーチャルイベントは、現実に大勢が集まることなく、遠隔からイベントに参加でき、VRを活用することでより現実に近い体験ができるとして期待されています。

WFLE、バーチャルイベント向けプラットフォームを提供開始 ライブ配信アプリのノウハウ活かす | Mogura VR

WFLE、バーチャルイベント向けプラットフォームを提供開始 ライブ配信アプリのノウハウ活かす | Mogura VR

MoguraVR

展示会のオンライン開催やVR対応、バーチャルイベントサービスが開始 | Mogura VR

展示会のオンライン開催やVR対応、バーチャルイベントサービスが開始 | Mogura VR

MoguraVR

新バーチャルイベントプラットフォーム「ccVES」リリース、MSの「de:code」に採用 | Mogura VR

新バーチャルイベントプラットフォーム「ccVES」リリース、MSの「de:code」に採用 | Mogura VR

MoguraVR

(参考)クラスター株式会社 プレスリリース

タイトルとURLをコピーしました