「ARCore」の累計インストール数が10億を突破

未分類
この記事は約2分で読めます。

グーグルのARフレームワーク「ARCore」の累計インストール数が、10億回に達したことが海外メディアによって確認されました。

「ARCore」は、2018年にリリースされたARプラットフォーム。2020年現在は「Google Play 開発者サービス(AR)」という名称で提供されています。

ARCoreを使うことで、開発者はスマートフォンやタブレット向けのARコンテンツを制作することなどが可能。主に「モーショントラッキング」「環境理解(Environmental understanding)」「Light estimation」の3つの機能によって、端末のカメラを通して見るARを実現します。

プリインストールが影響

“10億インストール”の初報は、Android Policeが報じました。同メディアによれば、この記録に達した理由は「ARCore」が複数のスマートフォンにプリインストールされていることが大きく影響しているとのこと。よってインストール数は今後も増加していくと考えられます。

なお、「ARCore」のライブラリは、多くのアプリが活用しており、「ポケモン GO」など著名タイトルも含まれます。

グーグルの「ARCore」が対応範囲を拡大、Xperia 5 Ⅱなど15機種が追加 | Mogura VR

グーグルの「ARCore」が対応範囲を拡大、Xperia 5 Ⅱなど15機種が追加 | Mogura VR

MoguraVR

グーグル検索の「AR動物」、子猫やチワワなど50種類の動物が対応 | Mogura VR

グーグル検索の「AR動物」、子猫やチワワなど50種類の動物が対応 | Mogura VR

MoguraVR

(参考)9to5Google

タイトルとURLをコピーしました