VR会議・コラボツール企業が250万ドル調達、リモートワークで導入促進

未分類
この記事は約2分で読めます。

ドイツを拠点とするスタートアップArthur Technologiesは、シードラウンドで250万ドル(約2.6億円)の資金調達を行いました。これに併せ、同社はVRコラボレーションソフトウェア「Arthur」のベータ版をリリースします。

VRコラボツール、仏メガバンク等で導入

Arthur Technologiesは2016年に創業。AR/VRのソフトウェア開発を行っています。社名を冠したVRコラボレーションツール「Arthur」は、ビジネス用途にデザインされており、バーチャル空間でミーティングを行えるほか、ホワイトボードの使用、Webブラウザの画面共有などが行なえます。

今回のベータ版リリース以前は、クローズドベータを限られたクライアントへ提供していました。フランスのメガバンクであるソシエテ・ジェネラル、世界最大の自動車メーカーの1つや世界最大のプロフェッショナルサービス企業でも利用されているということです。同社の公式サイトには、顧客として国際会計事務所のPwCや、ILO(国際労働機関)国際研修センターのロゴも掲載されています。

在宅勤務へのシフトが追い風か

今回の「オープンエクスクルーシブベータ」と称するリリースによって、より多くの企業でアプリケーションが可能になります。新型コロナウィルスの流行で在宅勤務が隆盛している今、同社のサービスは非常に有効な手立てだと言えるでしょう。
Arthur Technologiesは近く、iOS/Androidのモバイル端末向けにもリリースを計画しています。

これまでにMoguraVRで紹介している、企業向けコラボレーションツールの事例はこちらから。

最大50人同時作業、VR/ARリモートワーク支援の「Spatial」Oculus Questに対応 | Mogura VR

最大50人同時作業、VR/ARリモートワーク支援の「Spatial」Oculus Questに対応 | Mogura VR

MoguraVR

HTC、ビジネス向けVRプラットフォーム「Vive SynC」ベータ版を無償提供 | Mogura VR

HTC、ビジネス向けVRプラットフォーム「Vive SynC」ベータ版を無償提供 | Mogura VR

MoguraVR

VRコラボツールのSynamon、ビジネス支援プログラム開始 資金も追加調達 | Mogura VR

VRコラボツールのSynamon、ビジネス支援プログラム開始 資金も追加調達 | Mogura VR

MoguraVR

(参考)Road to VR
Mogura VRはRoad to VRのパートナーメディアです。

タイトルとURLをコピーしました