VRでドローンの活用現場を再現、理経らドローン開発用のシミュレーターを開発

未分類
この記事は約2分で読めます。

株式会社理経は株式会社自律制御システム研究所(ACSL)とVFR株式会社とで、VRを活用したドローン開発用エミュレーターを共同開発することを発表しました。3社は自動車の自動運転の検証にも用いられるVR画像の生成技術を応用し、ドローン活用現場を再現したエミュレーターを開発します。

理経は、VRトレーニングやVRを使った自動運転用のシミュレーターなど多くのXRソリューション開発を手掛けてきました。ACSLは独自開発の自律制御技術を用いた産業用ドローンの開発・製造を行っており、VFRはドローン事業者など向けにソリューションを展開しています。

今回のプロジェクトは、理経の持つVR画像を生成する技術と、ACSLとVFRが持つドローン開発技術と実証実験の経験を活用し、ドローン開発用のエミュレータを開発します。

本プロジェクトでは、VR空間に実際と同様の建物や天候、ドローンを再現し、ドローンの挙動を計算・映像に反映する形でシミュレーションを行います。ドローンに搭載された仮想カメラをVR空間内に配置し、リアルタイム映像を生成することで、実映像と同等のCG映像をエミュレータに用いることが可能に。これにより、Visual SLAM(※)開発に必要な映像データを短時間で生成することが可能になるとのこと。

(※SLAM……Simultaneous Localization and Mappingの略。デバイスが空間・立体把握をする上で最も重要な技術の一つ)

今後、3社はステレオカメラや赤外線カメラ、LiDARセンサーなど、点検用ドローンに使用されるカメラに対応したエミュレータを共同開発し、ドローン開発の効率化を図るとのこと。また、ドローン開発にエミュレータを用いることで、煙突点検ドローンや閉鎖環境点検ドローン等の用途特化型機体の実証実験を行うとのこと。

VR/AR技術とドローンを組み合わせた取組が進む

VR/AR技術とドローンを組み合わせた取組は国内外で行われています。国内では観光や海外や教育に、海外では都市開発などで取り組まれています。

KDDI、5G×ドローンでVR観光サービス 観光客誘致や災害現場で活用 | Mogura VR

KDDI、5G×ドローンでVR観光サービス 観光客誘致や災害現場で活用 | Mogura VR

MoguraVR

水中ドローン×VRを利用した特別授業を学生向けに実施 | Mogura VR

水中ドローン×VRを利用した特別授業を学生向けに実施 | Mogura VR

MoguraVR

AR×ドローンで都市計画のイメージ確認--イングランドからの事例 | Mogura VR

AR×ドローンで都市計画のイメージ確認--イングランドからの事例 | Mogura VR

MoguraVR

(参考)株式会社理経 ニュースリリース

タイトルとURLをコピーしました