ミクシィのエンタメDX推進ファンド、3Dアバターアプリ企業へ出資

未分類
この記事は約2分で読めます。

株式会社ミクシィは、エンターテインメント業界のデジタルトランスフォーメーション(DX)を推進するファンド「ミクシィエンターテインメントファンド1号投資事業有限責任組合」を設立しました。本ファンドは第一号案件として、3Dアバター制作アプリ「Genies」を開発するGenies社に出資を行いました。今回の出資額は公表されていません。

出資を受けたGenies社は、AIを活用した3Dアバター制作アプリ「Genies」を開発するスタートアップ。これまでジャスティン・ビーバーやショーン・メンデス、安室奈美恵、MIYAVIなど数千人の著名人とコラボレーションを行っています。

Genies社は今回の増資により、エンジニアやデザイナー、営業・管理部門の人員拡大、各種プロモーション施策の強化を行い、3Dアバターユーザーの獲得を狙います。

ミクシィエンターテインメントファンド1号投資事業有限責任組合は、ライブエンターテインメントの分野でDXを進めるスタートアップなどを投資対象としています。ミクシィは本ファンドを含め最大100億円規模の投資を行う予定です。

3Dアバターアプリ企業に勢いあり

昨今、今回のGeniesのように、3Dアバター作成サービスを展開する企業による資金調達が行われています。「ZEPETO」を運営するNAVER Zは約11億円を調達、3Dスキャン・アバター開発企業のWolf3Dは約1.3億円を調達しています。

3Dアバターアプリ「ZEPETO」運営企業が約11億円調達 | Mogura VR

3Dアバターアプリ「ZEPETO」運営企業が約11億円調達 | Mogura VR

MoguraVR

「プラットフォームをまたいで使える3Dアバター」目指す、Wolf3Dが約1億3,000万円調達 | Mogura VR

「プラットフォームをまたいで使える3Dアバター」目指す、Wolf3Dが約1億3,000万円調達 | Mogura VR

MoguraVR

写真1枚からわずか20秒、3Dアバター制作企業が490万ドル調達 | Mogura VR

写真1枚からわずか20秒、3Dアバター制作企業が490万ドル調達 | Mogura VR

MoguraVR

(参考)株式会社ミクシィ ニュースリリース

タイトルとURLをコピーしました