韓国スタートアップLetsee、ARソリューションを全世界向けに提供開始

未分類
この記事は約2分で読めます。

韓国のスタートアップLetseeは、ARソリューション「Letsee WebAR SDK」を全世界に向けて提供開始することを発表しました。今回の発表に伴い、公式サイトの日本語対応も行われています。

「Letsee WebAR SDK」は、手軽にWebARコンテンツの制作が行えるのが特長。公式サイトによれば“JavaScriptベースの様々なライブラリとフレームワークの機能を、そのままARの応用に適用可能”とのこと。WebGLとHTMLに対応しており、別途アプリをインストールせずにWebアプリの開発が行えます。

「Letsee WebAR SDK」には、月額30ドル(約3,100円)の小規模プロジェクトを対象としたスタータープラン、要問い合わせの法人向けプランなど複数の有料パッケージが存在。無料版も提供されていますが、営利目的での使用はできないなど、制限が課せられています。

Letseeについて

Letseeは、2014年に韓国科学技術研究院(KIST)の公式スタートアップとして創業。2020年現在までに、韓国の複数の有力企業と提携しています。サムスン電子やハナ銀行には、ソリューションの提供を行っています。

韓国でも広がるVTuber文化 バーチャルシンガーAPOKIに注目集まる | Mogura VR

韓国でも広がるVTuber文化 バーチャルシンガーAPOKIに注目集まる | Mogura VR

MoguraVR

3Dアバターアプリ「ZEPETO」運営企業が約11億円調達 | Mogura VR

3Dアバターアプリ「ZEPETO」運営企業が約11億円調達 | Mogura VR

MoguraVR

(参考)KoreaTechDesk

タイトルとURLをコピーしました