ライブハウスで視聴者参加型のVRミュージシャンコンテストが開催

未分類
この記事は約2分で読めます。

VRプラットフォームサービスVR SQUAREにて、視聴者参加型のミュージシャンコンテスト「Go To STARDOM」が配信されます。

「Go To STARDOM」は、ソフトバンク株式会社とライブハウスの映像配信プラットフォームサブスクLIVEが共催するコンテストです。

エントリーしたアーティストはパフォーマンスをライブハウスでVR収録し、視聴者は予選・決勝の模様を「VR SQUARE」で視聴できます。審査には大手音楽レーベルが参加し、優勝者はメジャーデビューできるとのこと。

審査では、音楽やパフォーマンスのクオリティだけでなく、VR映像を審査対象とすることで、挑戦者たちのリアルとバーチャルを融合した新たな映像表現を加味。アフターコロナを牽引するアーティストの誕生を期待しているそうです。

あわせて、全国約40カ所のライブハウスに順次VR収録・配信設備を導入し、ライブハウスのオンライン配信を支援。これによりライブハウスは、観客が限定される状況であってもイベントなどを開催できるようになります。

「Go To STARDOM」 概要

スケジュール

エントリー受付開始:2020年11月25日~12月18日
1次予選:2021年2月8~21日
2次予選:2021年3月1~14日
決勝大会:2021年3月31日(会場:1000 CLUB powered by 5G LAB/横浜市西区南幸2-1-5)

視聴方法

「VR SQUARE」アプリから無料で視聴可能。
配信スケジュールや応募要項、審査などの詳細は、「Go To STARDOM」公式ページにて。

「Go To STARDOM」公式ページ

Go To STARDOM | サブスクLIVE

© 2020 Go To STARDOM 事務局
(参考)ソフトバンク株式会社 プレスリリース「Go To STARDOM」公式ページ

タイトルとURLをコピーしました